• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

佐伯 真也

家電メーカーで技術者として約4年間勤務した後、2007年6月に日経BP社に入社。専門誌・日経エレクトロニクスで、デジタル家電やディスプレーなどの最新技術動向を中心に記事を執筆。13年1月から日経ビジネス編集部で家電や電子部品業界を担当。15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向し、ITや鉄道、紙パルプ業界を取材。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰し、重電を中心に電機業界全体を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 最近、仕事で使うノートパソコンを買い換えました。厚さが約16mm、重さが約1Kgのいわゆる「Ultrabook」と呼ばれる製品。HDD(ハードディスク駆動装置)ではなく半導体メモリーを用いたSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が記憶装置として使われているので、動作も軽快。仕事では、5年以上前に発売された機種を無理しながら使っていたため、業務効率は雲泥の差といえるほど高まりました。

 一つだけ慣れない点を挙げるとするなら、OS(基本ソフト)が米マイクロソフトの「ウィンドウズ8」であること。これまでの「7」から一新されたUI(ユーザーインタフェース)は確かに格好良い。スマートフォンのような直感的なタッチ操作を基本とするUIは、業務以外での用途では快適です。

 一方で、業務用として使うと、昔ながらのUIに慣れした筆者にとっては戸惑うこともしばしば。慣れの問題だと指摘されればその通りですが、同じような経験をしている読者の方も多いのではないでしょうか。

 もっとも、UIを一新したマイクロソフトにとって、過去の成功体験をある程度捨てるのは折り込み済みでしょう。同社が今後、業務用パソコンの分野で、どのように7から8への移行を進めていくのか、注目しています。

ニュースを斬る

シーテック、隠れた主役はスタートアップ

2018年10月15日(月)

 10月16日、電機関連で国内最大の見本市「シーテックジャパン」が幕張メッセ(千葉市)で開幕する。脱・家電見本市を掲げて3年目。今年もコンビニ大手のローソンや家庭用品大手のライオンなど異業種の初出展が目立つが、隠れた主役がいる。スタートアップだ。

 「今回の新規出展は345。これまでの家電見本市だったら考えられない企業も出展するようになった」――。

 10月16日、電機関連で国内最大の展示会「シーテックジャパン(CEATEC JAPAN)」が開幕する。これに先立つ15日に開かれた報道陣向け公開で、主催者のCEATEC JAPAN実施協議会の吉田俊ディレクターはシーテックの変化をこう評した。

今回のシーテックではローソンが初出展

 2016年に脱・家電見本市を宣言して以来、IoT(モノのインターネット)など最新技術をキーワードに異業種参入が相次いできたシーテック。今回は、ダイキン工業やコマツといった製造業に加えて、ライオンやローソンが初出展する。出展者数は725社・団体と、前回の667社・団体から9%増えた。

 初出展の異業種組では、ローソンがRFID(無線自動識別)を採用した次世代のコンビニ店舗を披露する。客が商品を持ったまま専用レーンを通ると会計できる仕組み。ライオンがお披露目するのは、AI(人工知能)を活用して口内環境を可視化する技術だ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長