• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト/株式会社まちづくり計画研究所 代表取締役所長/技術士/防災士

渡辺 実

1974年工学院大学工学部建築学科卒業。公益社団法人日本都市計画学会、一般財団法人都市防災研究所等を経て、1989年に株式会社まちづくり計画研究所設立、代表取締役就任。
国内外の自然災害被災地、大規模事故現場へ足を運び、被災者、被害者の立場にたって問題や課題をジャーナリスティックに指摘。現場体験をベースに、災害報道の検証や防災対策についても国民サイドにたった辛口の提言を続けている。
2007年より、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長としても活動。

◇主な著書
巨大震災その時どうする?生き残りマニュアル』(日本経済新聞出版社) 2013
都市住民のための防災読本』(新潮社) 2011
大地震に備える 自分と大切な人を守る方法』(中経出版) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

三遊亭鳳楽独演会(第243回)で春の代表的な人情噺「ひなつば」と「百年目」を聴いてきました。「百年目」は江戸時代から多くの名人に磨かれた大ネタ。鳳楽師匠は大師である三遊亭円生から引き継がれ、技量と体力も必要とされる難しい噺。円生の香りを見事に伝える鳳楽師匠の一席でした。ところで「百年目」とは、「おしまいの時」という意味も。3月18日に公表された南海トラフ巨大地震被害想定経済的被害が国家予算の2倍以上の最悪220兆円。まさに「百年目、この世の終わり」かも。

 東日本大震災の被災地では、先の3月11日三回忌をむかえました。2年前のこの日、巨大な津波に襲われ、この世の終わりと思った被災者も多くいました。すでに日本列島は巨大地震の再来周期に入り、いつどこで地震が起きても不思議ではない時代を我々は生きています。防災は地震が来る前にしかできません。来てからでは遅いのです。ぶら防こと「渡辺実のぶらり防災・危機管理」は、ビジネスパーソンへ向けて今の日本列島の地震環境と備えの必要性を伝えています。「百年目」が明日かもしれません。

渡辺実のぶらり防災・危機管理

なぜ被災地でトレーラーハウスか?市長に聞く

2018年9月26日(水)

9月8日、日本で初めて災害救助法に基づく応急仮設住宅としてトレーラーハウスが活用され、被災者の入居が始まった。。西日本豪雨で大きな被害の出た岡山県倉敷市真備地区に隣接する同市船穂町柳井原地区に敷地面積6500平方メートルの工業団地の一角に並んだトレーラーハウス等51棟は北海道、長野、福岡、熊本から集められた。“防災の鬼”渡辺実氏が鋭く切り込む。
トレーラーハウス設置の風景。上下水道・電気ガスが繋がれる

「被災地の仮設住宅を大別すると『建設型』と『借上型』とに分けられます。建設型はプレハブタイプと木造タイプがあり、借上型はいわゆる『みなし仮設』のことですね、民間のアパートやマンションを借り上げて仮設住宅とします。今回ここに新たに『トレーラーハウス』が仲間入りすることになった。繰り返しますがこれは日本初の出来事で、被災地支援の歴史の大きな転換です」(渡辺氏)

 前編に続き、日本RV輸入協会の会長でありカンバーランドジャパン社長の原田英世氏にご登場いただく。

「プレハブ建設協会の提供する従来型のプレハブ型仮設住宅を否定するつもりはまったくありません。ただ、やはり欠点もあります。例えばプライバシーの確保の問題。プレハブ型は長屋のようにお隣との境は一枚の壁です。これだと隣の生活音が筒抜けです。

 また、断熱効果もあまりないので冬は寒く夏は暑い。冬には結露も問題になる。その点トレーラーハウスは戸建てのように独立しているので生活音が伝わることはないし、壁は一般住宅並みの100mm断熱を採用しているので暑さや寒さからも守られ、仮設住宅終了後の二年後には再利用します」(原田氏)

倉敷市真備町地区に建設中のプレハブ型仮設住宅

「プレハブ型は大量に用意できるから、やはりなくてはならないものだと思っています。ただ、他にも選択肢があっていい。これまで被災者には『選ぶ権利』があまりにも制限されていた。人権侵害に等しいと私は感じてきました」(渡辺氏)

「だからこそ選択肢の一つとしてトレーラーハウスのことをもっと知ってもらいたいわけです。実際に見ていただいて『これは使えない』と判断される方もいらっしゃるでしょう。逆に『プレハブよりこっちのほうがいい』と感じていただける方もいらっしゃるはず。判断は被災者自身が下せばいい。そうした機会を行政側も作ってくべきだと思います」(原田氏)

「今回、トレーラーハウスが仮設住宅として運用されることに至った経緯については様々あるのですが、2016年の熊本地震の際に原田さんの会社の大型トレーラーハウスがお年寄りや体の不自由な方々のための『福祉避難所』として使われたことが大きかったと思います。原田さんご自身はどうお考えですか」(渡辺氏)

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長