• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

山中 浩之

日経ビジネス、日経クリック、日経パソコン編集を経て、2006年2月から日経ビジネスオンライン副編集長、編集委員。2年ほど紙の雑誌に異動になり、2012年3月に復帰。以後、NBOの隙間と隅っこでこげぱんのように生きようと決意。現在の担当は「ア・ピース・オブ・警句」(小田嶋隆さん)、「勝つために見る映画」(押井守さん×野田真外さん)、「トリイカ!」(とり・みきさん)、「再来一杯中国茶」(中島恵さん)、「絶賛!オンライン堂書店」などなど。あ、「量産型の逆襲」も。記事は「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”ものを狙います。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 中学生の息子が「WRC(ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)」のゲームに夢中で「シトロエンが」「ローブが」「荷重移動は」とか言い出しました。この期を逃すなと、ミニカー、雑誌、ビデオ、いにしえのマンガ『ガッデム』(新谷かおる)などを買い与えています。BS JAPANでWRC全戦中継とかやってくれないものかしら。ゲームには懐かしのグループBカー(プジョー205、ルノー5ターボ)も出てくるので、「そのクルマは…」と蘊蓄を垂れるために、80年代の輸入車試乗記事をまとめた本まで買ってしまいました。

 載っているクルマを21世紀になって乗っている自分が怖い。よく言う話ですが「欲しいクルマがない」んですよね。190E(写真)なんか、いま乗ると小さくて品のいいスタイルで最高なんですが。デビュー当時「コベンツ」とかいって小馬鹿にしてごめんなさい。「N」が売れるわけがよく分かります。ま、ともかく鉄道少年まっしぐらだった息子が、ゲームをきっかけにクルマに興味を示してくれて嬉しい限りです。え?もちろんゲームパッドじゃなくて、(私の小遣いで買った)ハンドルで遊ばせておりますよ。そろそろコンプするからWRC2013を買ってやるか、それともいよいよグラツーをやらせようかなあ。(2013/4)

(Yが)キーパーソンに聞く

環境に優しいけどまずい食べ物、買いますか?

2018年8月17日(金)

(前回はこちら。不二製油グループ本社の業容、業績などは第1回からどうぞ)

清水:でも、本当、何遍も言いますけどね、創業してからすぐ、こんなにもうからへん(大豆からタンパク質を作り出す「大豆たん白」事業の)仕事を始めて、今まで50年もやってきたというのは、本当に先輩たちがよく我慢したと思いますよ。これはもう本当に感謝以外にないよね。

 ただ、歴史観は歴史観としまして、大豆を多くの人々のたんぱく源にしていこうというならば、合理性や安全性だけでは片付かない大きな問題がある。これは、食べ物だからこその理由なんやけどね。

 なんでしょう。

植物由来の食品が、動物由来に負ける点

清水:味です。

 あ、そりゃそうか。薬じゃないですからね。

清水:そう、薬なら苦かろうがまずかろうが仕方ないけど、食べ物はおいしくないといかん。大豆たん白由来の食品が、動物由来の肉とか乳に劣っているところはどこだというと、味なんですね。

 ……しかし、はっきりおっしゃいますよね。

清水:だってYさんもみなさんもそうでしょう。もちろん私も含めて、人間は、残念ながら「必然性があればまずくてもいいわ」とは、いけへんわけですよ。人間はおいしいかどうかを評価して、おいしくなければ食べない。はっきりしています。

 「牛を育てるにはどれくらい地球環境に負荷がかかると思っているんだ」とかお説教されても、「でも、できれば、おいしいものを食べたい」と思う。

狙い目は肉よりチーズじゃなかろうか

清水 洋史(しみず・ひろし)不二製油グループ本社社長
1977年同志社大学卒業、不二製油入社、油脂販売部に配属。89年蛋白事業本部企画室、91年大豆多糖類事業化推進プロジェクト、その後新素材事業部長兼販売部長、食品機能剤事業部長を経て2004年、取締役就任。13年に代表取締役社長就任、2015年より現職。(写真=今 紀之)

清水:そして、1回おいしいのを食べるとなかなかまずいものにいけない。ということになっていまして。おいしさが重要、ということになると、重要なのが油脂。油脂の働きは極めて大きいですね。たとえば霜降りの肉はおいしいのはこれです。やっぱり「脂のうまさ」というのはすごくあるわけですね。

 ですから、おいしさの部分は油脂の力を借りる。USS製法(豆乳の脂質分とその他を分離し、コクのある成分を取り出す製造方法)で作った、大豆由来の油分が切り札になると思います。余談ですが、今、DHA・EPAの事業も始めましたけれど、あれも脂ですからね。みなさん、原料は魚だと思っていますが、あれは魚が食べた海藻に含まれるもので、うちのは藻類から直接取っています。

 不二製油として、大豆タンパクを味の方で受け入れやすくする方法論を使えば、肉に変わるものができるんでしょうか。

清水:今のところは、僕は狙い目はチーズだと思っているの。ミートじゃなくて、「ビヨンド・ザ・ミルク」。だからビヨンドミルクでチーズをつくっているんですね。一方では、うちが提携している相模屋食料は豆腐で「ビヨンドとうふ(BEYOND TOFU)」をつくっているわけ。豆腐も肉も非常に一般的な食品。しかも食材として確固としたものですから、このへんから突破口が出てくるんじゃないかと思います。

 もちろん古くからの商品として、“大豆ハンバーグ”みたいなものがラインナップにあるのは存じていますが、ここまでおっしゃる割に、「肉」そのものの代替品に大豆でダイレクトにいくぞ、という雰囲気が感じられませんね。なぜなんですか。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長