• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中能 泉(なかの・いずみ)

フリー編集者・ライター

中能 泉

出版社勤務を経て、フリーの編集者及びライターに。女性の健康・美容を主なフィールドとするが、男女問わず健康・医療・美容全般が得意分野。『日経ヘルス』を中心に、『日経ヘルス プルミエ』や『日経ヘルスforMEN』の立ち上げに参加し、エディトリアル・ディレクターを務める。その他の雑誌や書籍の企画・編集も多数。WEBマガジン「なかよく通信 」では女性のための耳よりな健康・美容情報をゆるりと発信中。2009年、株式会社なかよくオフィスを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」

2018年、再生医療はどこまで進んでいる?

2018年3月29日(木)

iPS細胞や再生医療について関心はあるけど、何が行われているのか分かりにくい。これって私の正直な実感でもあります。ニュースで頻繁に取り上げられたり、ネット上にもさまざまな情報があふれていますが、一方で誤った情報が多いことも問題になっています。今回は、市民や患者の視点に立った医療情報の見方について考えたいと思います。

京都大学iPS細胞研究所制作の「幹細胞かるた」。最後で解説しています。

 先日、「患者・社会と考える再生医療」というイベントに参加してきました。「“再生医療の研究をめぐる情報”について、みんなで考えてみませんか?」をテーマに、医師、研究者、市民が一緒になってディスカッションなどを行うというなかなかユニークな試みです。

 主催は日本再生医療学会。学会の幹事で、京都大学iPS細胞研究所(CiRA/サイラ)上廣倫理研究部門の八代嘉美准教授が中心となり、午前中は医師、研究者による講演、そして午後からホームワークタイム。参加者はグループに分かれ、自分たちが患者として再生医療についてどのような情報を求めているのか、何が足りないのか、どうしたらいいのかという問題について、語り合い、アイデアを出し合いました。

 その中で最も多かった課題は、「今、何が行われているか分からない」「再生医療が必要になったらどこに連絡すればいいのか」「そもそも私たちは治療を受けられるの?」といったもの。つまり、正しい情報をどこに求めるかということでした。こうした課題を解決するには、伝える側が「正しい情報をいかに分かりやすく伝えるか」という点が重要だと痛感しました。

iPS細胞やES細胞を用いた再生治療はまだ研究中

 iPS細胞の登場によって、iPS細胞から人の組織や臓器をつくり、それを移植することで「今まで不可能だった治療が可能になる」、「夢の再生医療が現実になる!」と大きな話題になりました。実際に、再生医療の研究はここ数年、ものすごい速さで進んでいて、「世界初の快挙! iPS細胞を用いた臨床手術成功」などのニュースを目にする機会も多くなりました。

 とはいえ、iPS細胞やES細胞を用いた再生医療は、今はまだ研究の段階で、治療として行われているものは一つもありません(←いまココ)。でも、「iPS細胞を用いた臨床手術成功」といわれると、あたかも治療がスタートしたという印象を与えかねない、のかもしれません。実際にこういった報道がされると、手術が行われた医療機関に問い合わせが殺到するケースが多いといいます。こういった誤解を与えてしまう要因の一つが、医療用語の難しさではないでしょうか。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

命令や恫喝では人は動かせません。

関家 一馬 ディスコ社長兼CEO