• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

伏見 香名子(ふしみ・かなこ)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)

伏見 香名子

東京出身、旧西ベルリン育ち。未だに東西国境検問所「チェックポイント・チャーリー」での車両検査の記憶が残る。国際基督教大学在学中、米CNN東京支局でインターン実習。卒業後、国際映像通信社・英WTNの取材業務に従事。その後、米ABCニュース東京支局員、英国放送協会・BBC東京支局プロデューサーなどを経て、英シェフィールド大学・大学院新聞ジャーナリズム学科修了後の2006年からテレビ東京・ロンドン支局ディレクター兼レポーターとして、主に「ワールドビジネスサテライト」の企画を欧州地域などで担当。2013年からフリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 先日、取材でスペインに行きました。債務危機で4人に1人、若者に至っては半数以上が失業中という未曽有の事態。スペイン発の企画を作るのは去年の10月以来3度目です。いつも一緒に仕事をしてくれるのは、地元スペインのフリーランススタッフですが、早朝から深夜まで、時に彼らの寝食の時間を削ってしまうほど長時間になることもある、ハードなテレビ取材の現場で、一言の不満も言いません。しかも、現地人ならではの視点で、私の思いつかなかった取材要素を次々と提案してくれたり、軌道修正してくれたり、積極的に仕事をこなしてくれる優秀なスタッフぞろいです。

 この2年ほど、ユーロ危機関連の企画でイタリア、キプロス、ギリシャとポルトガルでも取材しましたが、南欧諸国のどの国でも、これまで一緒に働いた全員がそんな姿勢でした。「自分たちの現状を知ってほしい」という切実な思いもあるのかもしれませんが、彼らの仕事に対する真摯な姿にはいつも頭の下がる思いです。「今の南欧の危機はゆったりした国民性ゆえ」などという論調を見かけると、腹立たしささえ覚えます。今回のロケでは、長いトンネルの中で光を見出した2社を取材しましたが、私の現地スタッフ同様、皆さん生き生き働いていました。スペイン経済は今、本当に大変ですが、こうした人々の手で必ず再生するのではないかと言う希望と共に、いかに誤った固定観念を流さないようにするか、それもメディアの責任だと改めて実感した道中でした。

ロンドン発 世界の鼓動・胎動

「これは戦争だ」心を操る大量破壊兵器

2018年12月4日(火)

 英国におけるデータと民主主義をめぐる攻防では、今年3月、ケンブリッジ・アナリティカ社(以下CA社、後に破産)について暴露された大スキャンダルに端を発して以来、現在も刻々と事態が動き続けている。

 個人情報大量流出問題などで揺れるフェイスブック(以下FB)のマーク・ザッカーバーグCEOに対し、フェイクニュースなどに取り組む英下院・特別委員会が行った度重なる招致・証言要請にもかかわらず、氏は結局11月27日のヒアリングを今回も拒否。自身の出席はおろか、委員会の求めたビデオ・リンクを通じた証言さえも拒んだ。

特別委は27日、この画像に「ザッカーバーグ氏はどこに?」とツイートし、痛烈に皮肉っている(写真:英下院提供Gabriel Sainhas撮影)

 11月24日には、この問題を当初から詳報してきた英オブザーバー紙が、ザッカーバーグ氏を含むFB幹部が交わした、データとプライバシーに関する社内極秘eメールなどの資料を、特別委が入手したと報道。ザッカーバーグ氏ら幹部がCA社事件が起こる何年も前から、FB上の個人情報の取り扱いについて、どのような方針でいたのかを示す重大な資料と見られている。

 この資料はFBとの法廷闘争に及んでいる第3者の米ソフトウェア会社のオーナーが所有しているものだ。オブザーバー紙によれば特別委は、この人物のロンドン出張の際、滞在先で資料の提出を迫った。しかし、裁判への影響を理由に拒否したため、議会権限で彼をホテルから議会へ「エスコート」の上、提出しなければ罰金または禁固刑の可能性があることを提示し、資料を入手したと報じている。

 米CNNなどは、訴えが起こされているカリフォルニアの裁判所が、FBの要請によりこの文書を非公開にすることを認め、今年10月、報道機関数社による開示要求を却下したと報じている。これに対し特別委側は、資料は英国内で入手されたものであり、米国の法は及ばないという立場でいる。本稿執筆現在(11月27日)、特別委は文書の内容を近日公開する姿勢を崩していない。

 特別委がここまでの強硬な手段を取ったのは、元CA社の内部告発者、クリストファー・ワイリー氏に対しても取られた、この問題に関するFB側の不誠実な対応が背景にあることは否めない。

 「銀河英雄伝説」と言う、同名のSF小説を原作として、1980年代に制作されたアニメがある。作品中、情報戦のエキスパートが、「情報」の何たるかを若い兵士に諭すシーンがある。

 いわく、世の中に流布する情報には必ずある種のベクトルがかかっている。世論を誘導するため、あるいは、願望を全うし、自らを利するために情報を流している「発信者」の存在がある、と言う趣旨の話だ。

 その情報発信者が誰かわからないときは?との問いにこの中佐は、「犯罪が行われた時、最も利益を得た者が真犯人」だと返す。

 トランプ米大統領の選出や英国のEU離脱、さらに、この事によって生じた米英社会の分断と混乱が、CA社の内部告発者、クリストファー・ワイリー氏の告発通り、苛烈な情報戦の産物であるならば、この結果により「利益を得た真犯人」は、誰か。

 ロシアによる情報戦関与の疑いや、CA社を徹底的に追い詰めるべく、1年以上も周到な準備を行った経緯。さらに、関係者が思いもよらなかった、FBによる過剰な反発や、SNSを主戦場として繰り広げられている「情報戦争」について、引き続きワイリー氏に聞く。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誠実さと信頼が全ての基礎です。

郭 平 中国・華為技術輪番会長