• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上阪 徹(うえさか・とおる)

ライター

上阪 徹

1966年、兵庫県生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。リクルート・グループなどを経て、95年よりフリー。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がける。インタビュー集に累計40万部を超えるベストセラーとなった『プロ論。』(B-ing編集部編/徳間書店)シリーズ、『外資系トップの仕事力』(ISSコンサルティング編/ダイヤモンド社)、『我らクレイジー★エンジニア主義』(リクナビNEXT Tech総研編/講談社BIZ)がある。

◇主な著書
リブセンス』(日経BP) 2012
書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社) 2011
600万人の女性が支持する「クックパッド」というビジネス』(角川SSC) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 これまで3000人以上の成功者たちにインタビューしてきましたが、その「教え」は結局どういうものだったのか、私なりにまとめた書籍を5月末に刊行することになりました。そのために、過去にインタビューしたものを、昨年秋から古い雑誌なども含めて改めて読み直していたのですが、改めてみなさん、いいことをおっしゃっているなぁ、と感動。成功者に言葉あり、だと思いました。

 中でも印象的だった言葉に「自分がヒーローインタビューを受けているところを想像できるか」があります。成功する人の条件を尋ねたとき、ある経営者からの返答でした。インタビューに答えられないようでは、成功など望むべくもない。インタビューが受けられるほどに、波瀾万丈な経験をしてこい。それができないようでは、まだまだ成功はおぼつかない、と。なるほど面白い考え方だと思いました。実際、どんな分野の人であれ、成功している人でインタビューに困ることはありません。みなさんそれなりに語る何かを持っておられる。だからこそ、インタビューは成立するのです。それを最も読者に伝わる形にしてお届けするのが、私の使命です。

横浜中華街の龍、100年企業を目指す

横浜中華街の龍、兄弟経営から1人に任せる

2018年10月4日(木)

 1983年に龍門グループ(横浜市)の経営に参画した李宏道に、これからを問うと、こんな答えが返ってきた。「私たちのブランドを輝かせ続けます。これからも新たな挑戦者が出てくるでしょう。それはつまり、私たちもさらに挑戦を続けなければならないということです。これからも恐れずに挑み続けていきます」。そして、92年から加わった李宏為は、次の世代へのバトンタッチに思いをはせる。

 中華料理店「重慶飯店」のブランド力を生かしてフランチャイズ展開を始めたり、宿泊施設「ローズホテル横浜」を軌道に乗せるなど、龍門グループの成長を率いてきた社長の李宏道にはもうひとつ、大きな仕事が残されている。創業者である李海天、呉延信夫妻が亡くなった後、宏道と専務である李宏為の兄弟が二人三脚で行ってきた龍門グループの経営の後継をどうするかということだ。2人は2年ほど前から今後についての話し合いを重ねてきた。

 宏道には娘が3人、宏為には娘が1人。2人が決めたのは、1人に委ねたほうがいいということだった。宏道は言う。

 「時代は変わったと思います。日本の老舗企業も、最近は創業家の1人が承継している。一族で関わるものではないと、宏為と意見が一致しました」

重慶飯店本館の定礎式で、聖書を地中に埋める為娜を見守る李宏道(右)と宏為(左)

 宏為はもともと娘を自分のビジネスに関わらせるつもりはなかった。宏道は、早い段階から長女の為娜を候補に考えていた。それは、李海天の思いでもあった。

 「父は早くから心に決めていたようです。為娜が学校に上がるとき、横浜ではなく、『東京のインターナショナルスクールに入学させろ』と言ったのは父だったんです。そのために私たちは、横浜から東京に引っ越しをしなければなりませんでした」

多様性の環境で育てる

 李海天にすれば、可愛い孫と離れてしまうのだ。それでも、東京行きを宏道に勧めたのには理由があった。

 「これからは、もっと視野を広く持たないといけない。父には見えていたんでしょう。今は分かりませんが、当時は横浜のインターナショナルスクール以上に、東京のインターナショナルスクールには多様性があってスケールが大きかった。だから、娘のネットワークは素晴らしい。全世界に友人がいます。父のアドバイスのおかげだと思っています」

 李海天の大きな視点を、為娜も受け継いだのかもしれない。大学進学にあたって自ら選択した先は、アメリカだった。すべて自分一人で決めた。宏道の妻であり、為娜の母である楊秀瑛は言う。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長