• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家/科学技術ジャーナリスト

松浦 晋也

宇宙作家クラブ会員。1962年東京都出身。慶應義塾大学理工学部機械工学科卒、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。日経BP社記者として、1988年~1992年に宇宙開発の取材に従事。その他メカニカル・エンジニアリング、パソコン、通信・放送分野などの取材経験を経た後、独立。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

◇主な著書
のりもの進化論』(太田出版) 2012
小惑星探査機はやぶさ大図鑑(共著)』(偕成社) 2012
飛べ!「はやぶさ」小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』(学習研究社) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 宇宙開発を取材してそろそろ四半世紀。同じ科学技術庁マターだったが、関わることはあるまいと思っていた原子力も、福島第1原発事故後に始めたPC Onlineの連載(http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20080312/296077/)でどっぷり漬かることになってしまった。宇宙開発と原子力には共に科技庁の管轄だったという以上に共通点がある。それは一度方針を定めた巨大技術開発が方針転換する困難さだ。

 研究も技術開発も未踏領域であればあるほど、柔軟な態度で臨む必要がある。が、宇宙と原子力は先行する海外をキャッチアップする形で始まったこともあり、これまで柔軟性について顧慮されることは少なかった。しかし、これからはそうはいかないだろう。しなやかに、したたかに技術開発を進める体制を作らねば、技術は停滞し、ついには失われることにもなりかねない。

「飛べないMRJ」から考える日本の航空産業史

危なくても「空飛ぶ自動車」を作れる国であれ

2018年10月12日(金)

 オシコシで受けたさまざまの刺激を3回の記事にまとめたが、実は話したいことはまだまだある。きれいに記事としてまとめるにはちょっと内容が足りないけれど、どうにも心に引っかかるようなことだ。

 そういう引っかかり方をしたことの中には、後になって重要だったと気づくこともある。無意識が「これは重要だぞ」と警告を鳴らしているのかもしれない。最終回として、担当編集者のY氏を相手に、そういうことも洗いざらい話しておくことにしよう。

松浦:じゃあ、空飛ぶ自動車の話から始めましょうか。

Y:はい?

見果てぬ夢、空飛ぶ自動車

松浦:こちらの写真を見て下さい。今回のEAA AirVenture Oshkoshには、私が確認した限りで2社が「空飛ぶ自動車」を出展していました。Terrafugiaというベンチャーの「TRANSITION」と、Samson Skyというこれまたベンチャーの「Switchblade」です。

Terrafugiaの“空飛ぶ自動車”「TRANSITION」。主翼を横に折り畳む形式である。2006年以降10年以上に渡って開発を継続している。Terrafugiaは中国の自動車メーカー浙江吉利控股集団が米国内に設立した次世代型航空機を開発するためのベンチャー。
Samson Skyの「Switchblade」。こちらは主翼を胴体下に収納する。

Y:翼を畳んで公道を自動車のように走って、翼を拡げると飛行機として空を飛ぶ乗り物。率直に感想を言うと、昔のSF、未来世界の大道具、ですよね。

松浦:今、結構世界のあちこちで、空飛ぶクルマを作るベンチャーが立ち上がっているんですよ。オシコシに来ていなかった分でも、スロバキアのAeroMobil社が開発している「AeroMobil」とか、オランダのPAL-V社の「PAL-V ONE」とか。

AeroMobil社の3番目の試験機「AeroMobil3.0」の飛行(再生すると音が出ます)。この機体は2015年に初飛行したが同年5月に墜落してしまった。同社は次の試験機「AeroMobil4.0」「同5.0」の開発へと進んでいる。
PAL-V社の「PAL-V ONE」(再生すると音が出ます)。オートジャイロ形式の“空飛ぶ自動車”。試作機は2012年に初飛行している。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長