• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

坂巻 正伸(さかまき・まさのぶ)

出版編集第一部 編集委員

坂巻 正伸

1991年、早稲田大学法学部を卒業後、日経BP社入社。サービス分野専門誌「日経ギフト」「日経イベント」記者として企業のセールスプロモーションや地域活性化などを取材。その後、「日経PC21」副編集長、媒体開発、「日経トレンディ」副編集長、「日経ビジネスアソシエ」編集長、「日経ビジネス」副編集長を経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

インタビュー

21挺のストラディヴァリウスを東京に集めた男

2018年7月25日(水)

「そんなことは無理だ。悪いことは言わないから、やめておけ」。遠路ヨーロッパを訪ね、お願いする先々でそう言われ続ける日々。でも挫けない。だって、ここで諦めたら大好きなヴァイオリンがどんどん“沈んでいってしまう”から……。長く孤独な戦いは、しかしやがて、光差す舞台に結実する。21挺のストラディヴァリウスが東京に集結するアジア初のフェスティバルを実現した中澤創太さんに、その道のりを聞く。
(聞き手は坂巻正伸)

これじゃいけない、ではどうする?

中澤さんには、弦楽器専門店の日本ヴァイオリン社長に就任してまもなくの2014年に「日本のクラシック音楽の危機」についてお話をうかがいました(キーパーソンに聞く「ストラディヴァリウス、貸します」)。
 大ホールでのクラシックコンサートは盛況だけれど、高額チケットを買っている人たちはごく限られていて……。

中澤:わずか「1%」のファンが支えている。そんな危うい状況を何とかするには、もっと多くの人たちにクラシックの良さを知ってもらわなければいけない。そう考えて様々な取り組みを続けています。

小規模のコンサートを各地で展開したり、若手演奏家にストラディヴァリウスなどの名器を無料で貸し出す活動をされたり。

中澤:はい。そうした活動をしながらずっと準備を続けてきた、とっておきの企画がついに実現します。

東京ストラディヴァリウス フェスティバル2018」ですね。開催おめでとうございます。

中澤:ありがとうございます。

ストラディヴァリウスと言えば、一挺数億円もするヴァイオリンの最高峰。クラシックに詳しくない人でも……。

中澤:「とんでもなく高額な楽器」としての知名度は抜群です(苦笑)。でも、一般の方が実際に見たり、その音色を聴いたりする機会は少ない。

 今回のフェスティバルでは、21挺のストラディヴァリウスが東京に集結します。これだけの数が集まるのは、本場ヨーロッパでも滅多になく、アジアでは初めてのことです。

音楽フェスティバルというと、国内外の有名アーティストが一堂に会して、あるいはいくつかのステージに分かれて、演奏を繰り広げるイメージですが……。

中澤:ロック、ジャズ、クラシック、いろいろな分野で多くの人たちに音楽を楽しんでもらおうと様々な取り組みが行われています。素晴らしいことです。では、そんな中でヴァイオリン業界は何をしてきたかと言うと……。

と言うと……。

中澤:恥ずかしながら何もしてこなかったんです。例えば、ストラディヴァリウスが1挺、日本に来た。すると、いわゆる専門家が集まってそれを愛でるといったことにとどまっていた。

 これじゃいけない。では、どうする?

 そんな思いから今回のフェスティバルの企画を考えました。5年前、前回のインタビューより少し前のことです。

「やることはたくさんあります」といっていた1つがこれ。

中澤:そうです。

 ヴァイオリンが主役。その魅力をたくさんの人に存分に味わってもらって、好きになってもらいたい。それには、ここでしか味わえない特別な設えが必要です。

 ならば、最高峰のストラディヴァリウスだ。それも1挺、2挺ではなく、20挺以上は欲しい。

相当に高いハードルですね。

中澤創太(なかざわ・そうた)氏
日本ヴァイオリン 代表取締役社長
1985年、東京生まれ。父はヴァイオリン修復家、母はヴァイオリニストという音楽家系に生まれ、幼少より国際的に活躍する音楽家と触れ合いながら育つ。15歳で渡英。インターナショナルスクールに通いながら、オークション大手サザビーズや、世界的なイギリスの鑑定家Peter Biddulph Ltdに出入りし、十代から数多くの名器に触れる。上智大学外国語学部卒業後、電通へ入社。営業を経て、メディアプランナーとして数々の音楽・文化プロジェクトに関わる。2014年、株式会社日本ヴァイオリン代表取締役社長に就任。2015年にはクレモナ市ヴァイオリン博物館研究・調査センターにてヴァイオリンの名器、ガルネリ・デルジェスの研究に参加。これまでディーリングも含め、今まで手にしたストラディヴァリウスは70挺を超える。2018年、21本のストラディヴァリウスがアジア史上初めて集結する「東京ストラディヴァリウス フェスティバル2018」の実行委員長/代表キュレーターを務める。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々のブランドは、人により好き嫌いが分かれてもいい。

上田谷 真一 TSIホールディングス社長