• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

黒部発、世界シェア45%
YKK 知られざる善の経営

  • 井上 裕

バックナンバー

[1/1ページ]

2007年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2007年1月15日号

 最新号の特集は「黒部発、世界シェア45% YKK 知られざる善の経営」と題して、資本主義の醜悪さに背を向け、愚直にファスナーを作り続ける異端の最強メーカー、YKKを取り上げます。株式非上場の同族経営で、ローテクの製造業ながら経常利益は三菱重工業を上回ります。そのYKKの知られざる素顔について、編集長が本誌記事に触れながら深掘りします。

 そのほか、ニュース欄の時流超流から。吉野家ディー・アンド・シー社長である安部修仁氏と、ブックオフコーポレーション社長である橋本真由美氏の新年特別対談について、編集長が独自の視点で語ります。

 また、リスナーの方々との双方向コミュニケーションのコーナー「往復書簡2.0」では、2006年12月25日-2007年1月1日合併号の記事「大志 輝く会社」に関する投稿を紹介。リスナーからのいくつかの質問に、編集長が答えます。

コメント5件コメント/レビュー

全国の皆さん、お待たせしました。5週連続企画「日経ビジネス改造計画」の4回目です。さて2007年は団塊世代が大量リタイヤする年。退職後は日経新聞を読まなくなると言われていますが、日経ビジネスはいかに? 日経ビジネス読者数減少という仮説を井上編集長はどうお考えですか? 池津の改造計画は「女性読者の増大を!」です。団塊世代退職後のビジネス界をリードするのは女性の他にありません。女性向けコーナーを増やし、「日経ビジネスを手にする女性はかっこいい!」というスタイルを構築することを提案します。大きな転機である2007年が井上編集長、薬師神さんにとって飛躍の年になることを祈念しております。池津権太でした! http://ikezgonta.ameblo.jp/(2007/01/18)

オススメ情報

「日経ビジネス編集長の終わらない話 2.0」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全国の皆さん、お待たせしました。5週連続企画「日経ビジネス改造計画」の4回目です。さて2007年は団塊世代が大量リタイヤする年。退職後は日経新聞を読まなくなると言われていますが、日経ビジネスはいかに? 日経ビジネス読者数減少という仮説を井上編集長はどうお考えですか? 池津の改造計画は「女性読者の増大を!」です。団塊世代退職後のビジネス界をリードするのは女性の他にありません。女性向けコーナーを増やし、「日経ビジネスを手にする女性はかっこいい!」というスタイルを構築することを提案します。大きな転機である2007年が井上編集長、薬師神さんにとって飛躍の年になることを祈念しております。池津権太でした! http://ikezgonta.ameblo.jp/(2007/01/18)

井上編集長、薬師神さんこんにちは。定期購読雑誌にとっての一番の危機は、封も切らずに積んどく状態になって奥様から、「読まないなら購読解除するわよ」と云われることです。編集長自身が語って金曜日に配信するpodcastの機能が、こんなに一生懸命作っている記事を読んでもらうためにあるとすれば、良い記事の感想を公開して、開封率をアップさせるのがファン読者の役割と心得ます。現地に長く骨をうずめ顧客の無理難題を快く聞き届けて信頼性で高いシェアを得たワイケーケーの記事は今週号のキーワードでふある「ひたむきさ」のかがみと感銘を受けました。そこで汐留男が記事への敬意を表し「ひたむきさ」の5文字を短歌にしたお送りいたします。「人を作り、大成させて、無理なこと、聞いてこたえるサービスの範。」この折り句(おりく)にある記事が知りたくなったら、今からでも封を切って読みましょう!(2007/01/16)

井上編集長、薬師神さんこんにちは!!私は埼玉県立高校の3年生(男)JOHNです。毎週楽しく拝聴させていただいております。一足先に推薦で大学進学が決定し、手持ち無沙汰になっていた所、父にこの番組を薦められ、それ以来すっかり虜になってしまいました。特に編集長の人間味溢れるお言葉の数々...雑誌という言わば人間味のないものに命を吹き込めるのはこの人あってのことだなぁと感動しています。周りは受験生でピリピリしていますが、みんなの受験が終わったらこの番組を薦めたいと思います。ではこれからも有り余る自習時間の共として日経ビジネスを活用させていただきます。素晴らしい放送を期待しています。(2007/01/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私たちは、ひどいニュースのあまりのひどさに 麻痺しつつある。

小田嶋 隆 コラムニスト