• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハッカーが電力を狙い撃ちする日

スマートメーター導入の死角(1)

2013年5月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スマートメーターが普及すると、遠隔制御が可能な家電などが家庭内で普及することも予測される。このような機器は、まだ洗い出されていない未知の脆弱性を狙ったサイバー攻撃への備えが十分でない可能性が高い。サイバーセキュリティ対策の重要性は、この先、飛躍的に高まっていくだろう。

大規模停電は絵空事でない

 スマートメーターのセキュリティ対策が求められる理由は、ひとえに電力インフラの重要度が高いからだ。スマートメーター経由で電力会社の専用通信網に侵入を許せば、電力会社の発電所や変電所などの監視・制御システムの操作などに、大規模な被害が生じる可能性もある。

 例えば、発電所の監視制御システムに侵入し、システムを過負荷にすれば大規模な被害につながる。また、デマンドレスポンスを提供するエネルギーサービス事業者になりすまし、偽のデマンドレスポンス信号を系統側へ送出すれば、電力の需要と供給のバランスを乱し、大規模停電を引き起こすことも可能である。

 このような話は決して絵空事ではない。諸外国では実際に、電力、通信、金融などの重要インフラに対するサイバー攻撃の被害が顕在化し始めている。

 2000年代に入ってからオーストラリアの下水道監視システムや、米国の原発監視システムに無線経由で第三者の侵入を許した事例や、ポーランドの路面電車用信号システムが乗っ取られた事例が報告されている。近年は、被害事例が飛躍的に拡大している。

重要インフラに対するサイバーアタック事例
被害対象 原因
2000年 オーストラリア Maroochy市下水道監視制御システム 無線システムからの侵入
2003年 米国 Davis Besse原発監視制御システム コンピュータ・ウイルス(Slammer Worm)
2008年 ポーランド Lodz市路面電車信号システム 改造リモートコントローラによる制御

 出所:電力中央研究所「制御システムセキュリティに関する内外の取組みと示唆」

 詳細は公表されていないものの、米国では、国土安全保障省が2009年以降に対応した攻撃事例は50万件以上とされている。そのうち、2012年の政府機関や重要インフラへの攻撃は、2011年比7割増の19万件に上ったとされる。スマートメーターについても被害事例が生じ始めており、FBI(米連邦捜査局)が警告を発する段階まで至っている。

 現時点で見られるスマートメーターへのハッキング手法は高度なものではなく、電気料金の請求回避を目的として強力な磁石をスマートメーターの検針部に置いて検針を妨害したり、実際の電力消費量よりも低く偽装したりする例などに留まっている。しかし、今後はハッキング手法が高度化していくだろう。

 欧州においても同様なスマートメーターのハッキング事例が、多数、報告されている。そのほか、マルタ共和国のReVuln社は、大手制御機器メーカーの監視制御およびデータ収集システムが容易にネットワーク経由でハッキングを受ける可能性があることを実証する映像を公開している。

「ピンチをチャンスに」ベンチャー登場

 このような事態を踏まえ、米国を中心にサイバーセキュリティ対策が重点的に進められている。米国では9.11同時多発テロ以降、重要インフラに対するサイバーセキュリティ対策の強化が進められている。

オススメ情報

「エネルギー論壇」のバックナンバー

一覧

「ハッカーが電力を狙い撃ちする日」の著者

段野 孝一郎

段野 孝一郎(だんの・こういちろう)

日本総合研究所シニアマネジャー

京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了(工学修士)。エネルギー、通信、交通、水道などの社会インフラ企業の新規事業検討や事業領域拡大に関するコンサルティングに従事。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)