• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

原発時代は終わったのではないか

エネルギー政策を揺さぶる5.21大飯判決

2014年6月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

5.21衝撃の判決

 歴史的な出来事が起こった。2014年5月21日、福井地裁は、関西電力大飯原発3、4号機について、運転してはならない、という命令を下したのである。日本のエネルギー政策を根本から揺さぶるほどの大きな判決である。関西電力はこの判決を不服として翌22日に控訴した。しかし、仮に、上級審で判決が覆ることがあったとしても、かなり時間がかかるだろう。

 筆者は、太陽光発電を基幹電源として推進しようとしている。温暖化対策のためのCO2削減が主たる目的だ。

 一方、原発に関しては「慎重派」。すなわち、長期的には廃止するべきだが、即時撤廃は現実的でないという考えだ。具体的に言えば、2030年時点で、日本の総発電量の10%程度を原発で賄うのが適正なレベルだと想定している。そのためには、現存する50基のうち、常時10基程度を稼働させる必要がある。新規建設はしない。

 これが筆者の基本構想だったのだが、今回の命令で状況は大きく変わった。すこし、先走って考えてみれば、これで、日本の原発が終わるかも知れないのである。

大飯原発は「最後の稼働」か

 大飯原発は、福井県大飯郡おおい町にある。その3、4号機は、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに日本国内の全原発が停止して以降、初めて再稼働した原発である。

 3.11以降の稼働については、北海道電力の泊原発3号機が、震災から5カ月後の2011年8月に稼働しているが、これは、以前から試験運転中だったものを営業運転に移行しただけ。したがって、本来の意味での再稼働は、大飯が最初であった。

 2012年7月5日に大飯3号機が、同21日には4号機が発送電を開始した。しかし、その後再稼働した原発はなく、これら2基も、2013年9月2日に3号機が、15日には4号機も定期検査のため停止、再び日本国内における原発の稼働は停止され、現在に至っている。

 もし、今後日本のどの原発も再稼働しない、という事態になれば、大飯3、4号機は、「日本で最後に稼働した原発」になる。

コメント11件コメント/レビュー

個人的には太陽光よりも燃料電池系の発展に期待します。 太陽光発電は毒を撒き散らす事は無いですが、外的要因に左右されすぎです。 (2014/06/04)

オススメ情報

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「原発時代は終わったのではないか」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

個人的には太陽光よりも燃料電池系の発展に期待します。 太陽光発電は毒を撒き散らす事は無いですが、外的要因に左右されすぎです。 (2014/06/04)

原発が稼働できるまで、それから運転中のコストなどを、洗いざらいに全てを算出できないのでしょうか。用地および地元対策に関連した事業、調査と計画ならびに発電所建造、核燃料入手に係るさまざまな経費、使用済燃料に関連した事業、管理費等の諸経費(人件費などを含む経費一式)などに係るすべて。これら全部を含めたコストを知りたいですね。かなりの部分で多額の税金が投入されていませんか?(2014/06/04)

巨大なビルを建設したクレーンは分解して少しづつ小さなクレーンと交代しながらビルの屋上から降ろされて最終的には小型のクレーンを担いで階段を下りてきて役目を終える。原発の廃炉工事も同様だ最初は巨大で強力な重機を投入して厚みがちょっとしたダムぐらいの格納容器に穴を開ける。光ファイバースコープでのぞき見ながらならなんとか作業も出来そうだ。デジタル電子制御機器は全て作業には向かない強力な中性子線の環境では数十分で基盤がボロボロになって稼動しなくなる。光ファイバースコープ先端の高解像度広角レンズも一日ぐらいで変形してしまうかもしれない・・・。トカゲの尻尾切りの要領で毎日新品を付け足して作業することになるだろう。「象の足」と称される融け落ちた核燃料をボコボコに粉砕して取り除くまあここまでが百年ぐらいかなぁ~活躍した重機はこれまた何百トンもの高濃度汚染物質と変わり果てた。それらをコナゴナに粉砕する少し小型の重機を投入するこれを数百年にわたって繰り返すと廃炉は何とかかんとか終了する。さて数千トンに達した高濃度汚染廃棄物は十万年以上隔離する必要があるのでモンゴルとかどこかの国に土地を借り切って五千年ローン契約で国民の血税を垂れ流す。国民の大部分はローンの支払いのために全世界に散らばって出稼ぎになる。現代の華僑ならぬ日僑ってわけだ。だって責任者は誰も生き残っていないんだから。百年後の心配をしても始らないって。どうでもいいんじゃない・・・・・・・。30キロ圏内の住民より。(2014/06/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO