• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国から静かに離れる米国

「米韓連合師団」を読者と考える

2014年9月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米軍が静かに韓国を離れる。そこに生じた米韓間の亀裂に中国が手を突っ込む。韓国人はそれでも米国を頼りとするのか、あるいは中国を新たな保護者に選ぶのか――。

「世界初の混成部隊」

韓国で「米韓連合師団」が編成されると聞きました。

鈴置:韓国各紙や米軍機関紙「Stars and Stripes」の報道をまとめると以下の通りです。

  • 「米韓連合師団を2015年初めに創設する」と韓国国防部が9月4日発表した。
  • 連合師団の主な目的は、核ミサイルや化学兵器など北朝鮮の大量殺傷兵器の除去である。
  • 有事の際、韓国に駐屯中の米陸軍第2師団に韓国軍の機甲部隊を加え編成する。平時から韓国軍の参謀約30人を連合師団に派遣するほか、米韓共同訓練を実施する。
  • 師団長は米陸軍第2師団長(少将)が兼務し、副師団長には韓国軍准将が就任する。「連合師団」の規模は公表されていないが、師団の半数の兵力の旅団程度との報道もある。
  • 既存の計画通り、現在ソウル北方の議政府(ウィジョンブ)に駐屯する米第2師団は、2016年中にソウル南方の京畿道・平沢(ピョンテク)に移る。これに伴い連合師団も同時に平沢に移転する。
  • 「師団規模の2カ国の混成部隊は世界で初めて」と韓国国防部は同盟強化を強調した。一部の保守系メディアは「北朝鮮にとって脅威となろう」と報じた。
議政府に駐屯する米第2師団は、2016年中に平沢へ移る
待望の第4弾 最新刊好評発売中!
早くもAmazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得!
日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

「米陣営に残れ」
4月のオバマ訪韓で踏み絵を迫った米国。
しかし韓国の中国傾斜は止まらず、
7月の習近平訪韓でその勢いは増した。
流動化するアジア勢力図をどう読むか、
日本はいかに進むべきか--。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国
に続く待望のシリーズ第4弾、9月16日発行。
好評発売中!

コメント30件コメント/レビュー

いくつかのコメントにある、対馬に米軍を、は良いアイデアだと思います。対馬は日本人観光客誘致が難しいようですし、今後の防衛を考えれば韓国のためにもよい位置だと思います。現時点でもアメリカは部隊投入よりも無人機による攻撃に力を入れていますし。アメリカには、日本がGHQ占領下で武力放棄させられていた時期に竹島を韓国に武力侵略され、島民に多数の死傷者、拿捕者を出した際も、見て見ぬ振りをされ実行支配を許した前例があります。その意味でも今後は島嶼防衛の役に立ってもらいたいものです。(2014/09/22)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「韓国から静かに離れる米国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いくつかのコメントにある、対馬に米軍を、は良いアイデアだと思います。対馬は日本人観光客誘致が難しいようですし、今後の防衛を考えれば韓国のためにもよい位置だと思います。現時点でもアメリカは部隊投入よりも無人機による攻撃に力を入れていますし。アメリカには、日本がGHQ占領下で武力放棄させられていた時期に竹島を韓国に武力侵略され、島民に多数の死傷者、拿捕者を出した際も、見て見ぬ振りをされ実行支配を許した前例があります。その意味でも今後は島嶼防衛の役に立ってもらいたいものです。(2014/09/22)

在韓米軍に動きがあれば、それをきっかけに朝鮮並びに中国も動く可能性はあろう。事態によっては対岸の火事どころか高確率で飛び火する日本側の備えはどうだろうか。外交、特に軍事に絡む内容は好き嫌いや気分で論じるのではなく、国益を基にした冷酷な計算によるもの(この辺りは米は非常に上手い)でなければ、こんなはずではなかったという事態に陥ろう。現在の民族感情を見るに、中国・韓国は日本を仮想敵とみなす可能性は非常に高いように思う。戦争回避のための友好策は当然続けるとして、有事の際は日本列島そのものを米本土防衛の前線基地の位置づけとして使わせる代わりに防衛力支援を引き出すような踏み込んだ発想としたたかな外交戦略を探り始めてもよいのではなかろうか?(2014/09/22)

NHK等の民間報道局は、このような内容を報道しようとしないので、鈴置氏のコラムは参考になります。(2014/09/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO