• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「核攻撃の対象」と中国に脅される朴槿恵

韓国の識者に聞く、二股外交の末路

2014年10月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「米陣営に戻ろうと韓国人が焦る」(識者のAさん)。米国が朴槿恵(パク・クンヘ)政権の「従中」に怒り出したからだ。でも、韓国は戻れるのか。今度は中国が「米国の言うことを聞くなら核攻撃の対象にする」と脅し始めたのだ(注1)

(注1) Aさんは匿名を条件にソウルの「空気」を語ってくれる韓国の識者。「『安倍首相の韓国語は失敗でした』」などに登場している。

風向きが変わった

A:近著『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』を読みました。他人の国のことを、よく調べたものだと感心しました。鈴置さんの言う「離米従中」に関しては、私も大筋で同感です。

 ただ最近、韓国で風向きが変わり「米国サイドに戻ろう」という空気が濃くなってきたことを見落とすべきではないと思います。

鈴置:朴槿恵大統領の中国ベッタリが怖くなった、ということですね。

A:その通りです。「『三面楚歌』にようやく気づいた韓国」で鈴置さんも指摘していますが、韓国の言論人が一斉に「中国一辺倒をやめよう」と言い出したのです。

 7月初めの中韓首脳会談がきっかけでした。朴槿恵大統領が訪韓した習近平主席と一緒になって日本の集団的自衛権の行使容認を批判したため、中国陣営に走っていると米国に見なされたからです。

すべて日本が悪い

鈴置:中国好きの朴槿恵大統領の意を迎えようと「これからは中国の時代だ。米国や日本など目じゃない!」と叫んでいた言論人――現代の両班たちも、これを期に急遽、変節しましたね。

 この後、朝鮮日報や中央日報も「米国のアジア専門家に聞く」という企画を連載しました。ほとんどのインタビュー記事が「私のこと、中国にすり寄ってるって怒ってない?」というノリの、米国の顔色を伺う質問から始まっていました。

 韓国紙のインタビューを受けた米専門家は一様に渋い顔で「とにかく同盟国として為すべきことを為せ」と答えています。

 米国の外交・安全保障の専門家は韓国にうんざりしています。「米国に守ってもらいながら対中政策で全く協力しない。そのくせ自分は中国に傾いていないと言い張る」からです。

 韓国の記者らが「韓国が中国と手を組むのは日本の右傾化のせいだ」との言質を米国人からとろうとするので、いらだつ人もいます。「韓国の米中二股外交」はすっかり見抜かれているというのに、まだそんな誘導尋問を繰り返しているのです。

A:「問題が起きたらすべて日本のせい」が韓国の国是ですからね。

待望の第4弾 最新刊好評発売中!
早くもAmazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得!
日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

「米陣営に残れ」
4月のオバマ訪韓で踏み絵を迫った米国。
しかし韓国の中国傾斜は止まらず、
7月の習近平訪韓でその勢いは増した。
流動化するアジア勢力図をどう読むか、
日本はいかに進むべきか--。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国
に続く待望のシリーズ第4弾、9月16日発行。
好評発売中!

コメント39件コメント/レビュー

日本はすでに立派な中国の仮想敵国だし、その敵国に存在する目障りな同盟国(米国)の前線基地などは、とっくの昔から核を含む戦略兵器で常にロックオンされ、数十分で戦略攻撃を開始できるよう解放軍兵士が毎日せっせとメンテナンスに勤しんでいるんだと認識しているのだが、違うのだろうか?日本はこれから核の標的にされてしまうのではなく、既になっているのでは?どの国も戦争という手段を放棄していない以上、武力で脅しつつ行うのが国家外交だし、筆者としては当たり前すぎてわざわざ触れてないだけだと思う。(2014/10/11)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「核攻撃の対象」と中国に脅される朴槿恵」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本はすでに立派な中国の仮想敵国だし、その敵国に存在する目障りな同盟国(米国)の前線基地などは、とっくの昔から核を含む戦略兵器で常にロックオンされ、数十分で戦略攻撃を開始できるよう解放軍兵士が毎日せっせとメンテナンスに勤しんでいるんだと認識しているのだが、違うのだろうか?日本はこれから核の標的にされてしまうのではなく、既になっているのでは?どの国も戦争という手段を放棄していない以上、武力で脅しつつ行うのが国家外交だし、筆者としては当たり前すぎてわざわざ触れてないだけだと思う。(2014/10/11)

フクシマ以降、日本への核恫喝は意味を失っている事に気が付いてない人が未だに多い。福島第一の高レベル汚染水をイプシロンロケットに積んで発射すれば、北朝鮮のダーティーボムを上回る威力となる。だから福島事故以後、北朝鮮は日本への核恫喝をやめている。今の日本には、平壌を死の街にできるだけの核兵器があるのだ。(2014/10/07)

中国も韓国も日本が怖いんです。またやられちゃうかと心配でしょうがないんです。日本は格差が拡大してその不満の捌け口として外に出るという策を思いつくアホ政治家がまた出るかもしれません。でも、その不満分子たちは自分が戦争に行くとは思っていないんですよね。自尊心のもとが日本人であるということしかない人々は、自分が最前線に送られるとは思わない。だから、中国も韓国の政治家は怖がっている。同様にかの国のナショナリストも自分が前線に立たされるとは思っていない。馬鹿なことです。(2014/10/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外のクラウドサーバーに データを預けると、企業秘密がその国に筒抜けになりかねない。

太田 大州 富士通シニアエバンジェリスト