• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

住職が去り放置される過疎地の寺

島に若住職がやってきた(上)

2014年11月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 多くの寺や神社が存続の危機を迎えている。少子高齢化や地方の過疎化、後継者不足など、ありとあらゆる要因が大波となって宗教界に押し寄せている。

 僻地にある寺院や神社の多くが、住職や神職が不在となり廃墟と化している。「宗教法人の解散・合併」も水面下で進行中だ。大都市圏と僻地の「宗教格差」も広がっている。

 「このままでは10年後、日本の寺や神社が半減する」。危機感を抱いた一部の仏教教団は、対策に乗り出している。だが、抜本的な策は見えてこない。

 「宗教崩壊」は私たちに何をもたらすのか。また、社会全体として、どんな影響が出るのだろうか。

 文化庁の『宗教年鑑2012』によれば、日本の仏教徒は約8513万人。神道を信ずる者はさらに多い。しかし、現役のビジネスパーソンにその実感は乏しい。

 「今は、まだ親が生きていて、自分はお寺さんとは無関係」「兄弟に任せている」「葬儀は不要、散骨でいい」「永代供養にしてほしい」という人も多いのではないか。

 だが、「死後」はいずれ万人に、例外なく訪れる。その時、あなた自身を含め、多くの人は宗教と無関係ではいられないはずだ。

 既に不穏な前兆はないだろうか。「菩提寺にあるはずの祖父母の墓が忽然と消えていた」「最近、高額な霊園の勧誘が増えてきた」「実家に久しぶりに戻ったら、本棚に怪しい宗教まがいの本が並んでいた」「気がつけば自分の入る墓がない」……。

 宗教崩壊が社会の歪みをもたらすことも心配される。寺や神社が物理的に消えるという「物的崩壊」は既に進行中だが、同時に「心の崩壊」も進んではいないだろうか。

 この連載では、崩壊が進む現場だけでなく各宗教教団本部にも取材し、「宗教崩壊」の実態を複数回にわたってリポートする。宗教関係者だけでなく一般のビジネスパーソンにも分かりやすく宗教界の真実を伝える。文中の仏教用語に解説を付けるなど、いざという時に役立つ仏教知識も得られるように構成する。

 第1回は、長崎・五島列島の現状を取材する。過疎の寺を守らんとする若き住職や島人に焦点を当てた。

宇久島より五島の島々を俯瞰する

 長崎県・平戸の沖合に浮かぶ宇久(うく)島は、佐世保港から高速船を使っておよそ1時間半の距離にある五島列島最北の島である。

 島の周囲は約38km。五島列島の中でもひと際小さい存在だが、有史以来、海の要衝としての役割を担ってきた。

 北方向に日本海が大きく開け、西の方向約200km先には韓国の済州島がある。その見晴らしの良さから、太平洋戦争時には島の中心にある城ヶ岳(標高258m)山頂に、電波探知施設と高射砲台が据えられ、旧日本海軍の前線基地となっていた。

 五島列島全体で見れば、多くの島は江戸時代、隠れキリシタンが幕府の弾圧を逃れて潜んだことでも知られる。各島にはカトリック教会が多く残された。現在、五島列島はユネスコ・世界遺産の候補「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に挙げられており、将来的には観光産業の盛り上がりが期待できる場所である。

 しかしながら列島の最北に位置する宇久島は、村おこしの資源となりうる教会が1つもない。

 それどころか、観光客の目当てになりそうなスポットや、ご当地の名産物はほとんど見当たらない。宿泊施設と言えば民宿がいくつかあるほか、ビジネスホテルが1軒。アクセスも至極悪く、佐世保から宇久島まで往復船賃が7200円(高速船、往復割引料金)かかることなど、観光目的でこの島に入る者はあまりいない。

 良くも悪くも観光地化されていないのだ。

コメント9件コメント/レビュー

位牌堂は今、都会に多くなったロッカー式の納骨堂に似ている。だんだん墓地は要らなくなってきている。それというのも墓地は遠方にあり墓参りや維持費にお金がかかりすぎるから。過疎化が進んだ現在にマッチしてない。それに新たに墓地を作るのは都会でも田舎でも墓石代金は高価すぎる。ヨーロッパの墓地は楽しげな雰囲気の墓地もテレビで見かける。公園墓地のように作庭したほうが良いと思う。(2014/11/30)

オススメ情報

「宗教崩壊」のバックナンバー

一覧

「住職が去り放置される過疎地の寺」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

1974年、京都市生まれ。新聞記者、日経ビジネス記者、日経おとなのOFF副編集長などを歴任後、2018年に独立。「宗教と社会」をテーマに取材を続ける。正覚寺副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

位牌堂は今、都会に多くなったロッカー式の納骨堂に似ている。だんだん墓地は要らなくなってきている。それというのも墓地は遠方にあり墓参りや維持費にお金がかかりすぎるから。過疎化が進んだ現在にマッチしてない。それに新たに墓地を作るのは都会でも田舎でも墓石代金は高価すぎる。ヨーロッパの墓地は楽しげな雰囲気の墓地もテレビで見かける。公園墓地のように作庭したほうが良いと思う。(2014/11/30)

興味深い記事でしたが、タイトルが誤解を招くと思う。この記事が描いているのは「宗教崩壊」ではなく「宗教にかかわる世俗の制度の変化・危機」ってことでしょう。宗教は、イスラムであれキリスト教であれ仏教であれ何であれ、「崩壊」なんてしません。人ある限り何らかの形で存在するのが、宗教。(2014/11/27)

過疎地の更なる過疎化の象徴とも言える記事でした。宗教のあり方、村落共同体のあり方、葬祭のり方、神社仏閣の存在意義等々、考えさせられるテーマなので、今後の記事にも大いに期待しています。(2014/11/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

命令や恫喝では人は動かせません。

関家 一馬 ディスコ社長兼CEO