• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

象印マホービン、100年企業の割り切り方

派手さよりも基本性能の高さで勝負

  • 武田 健太郎

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年9月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

創業から100周年、生活家電で巨大メーカーと互角に戦い続け、高収益を維持する。 限られた経営資源を生かすため、技術開発は得意分野に特化する。 国内市場が縮小する中、海外でも顧客満足に直結する部分に集中する「割り切り戦略」で挑む。

(日経ビジネス2018年7月9日号より転載)

炊飯器「炎舞炊き」は昔ながらのかまど炊きの手法を応用。予想実勢価格は約12万円と強気の設定(写真=陶山 勉)

 6月6~7日に東京・品川で開催された象印マホービンの新製品商談会。家電量販店のバイヤーや店員など、のべ1500人が訪れたイベントで、注目を浴びたのが、この7月下旬に発売される新炊飯器だった。

 会場に並べられた商品の名は「炎舞炊き」。底面にあるIHヒーターの配置を工夫するなどして、かまど炊きに似た強力な加熱が可能になった。その場で炊きたてのご飯を試食した来場者は「コメがより立っている」「もちっとした食感が強い」とうなずく。

 標準的な5.5合炊きサイズで予想実勢価格が12万円前後と業界トップレベルの高価格設定。ヒットすれば業績への貢献も期待できる。炊飯器の高価格化自体は、ここしばらく他社も含めて進んできた。ただ、同社製品の特徴は、スマートフォン(スマホ)連動など、大手の家電メーカーがアピールするような目に見えて分かる派手な機能を搭載していないことだ。

 「生活家電は毎日使うもの。おいしさに直結する基本機能をどこまで高めるかが勝負。そうすれば価格競争にならずに買っていただける」と市川典男社長は強調する。

 象印の前期(2017年11月期)の連結売上高は853億円。全社売上高の4割を占める炊飯器は、国内シェア首位の27%を誇る。炊飯器や電気ポット、トースターなどで競合するパナソニック(18年3月期7兆9821億円)や日立製作所(同9兆3686億円)などに比べると手掛ける事業範囲は違えども売り上げ規模は100分の1程度。広告費規模なども競合に比べればはるかに少ない。

炊飯器が売上高の4割を占める
●製品区分別の売上高構成比

営業利益率は9.2%

 しかし、日本食文化を支え、年間出荷額1000億円を超す国内炊飯器市場で、象印は業界トップの座を維持している。さらに、ここ数年は中国や台湾からの訪日客による、「爆買い」が販売を底上げし、15年11月期に営業利益101億円と初めて大台を突破。爆買いが一服した17年11月期は78億円まで落ち着いたが、売上高営業利益率は9.2%と、パナソニック(4.8%)などと比べて高い水準を確保している。

利益水準が急上昇している
●象印マホービンの業績推移

コメント1件コメント/レビュー

> 吹きこぼれを防ぐ蒸気口部分の構造を工夫して、洗い掃除を不要にするなど、

これ、本当に素晴らしいです。

現在の炊飯器で欠けていると思うのは、米と水の量を測ってくれる機能。水加減が難しくて、ちょっと柔らかすぎたり硬すぎたり。内釜を炊飯器に入れたまま、米を少しずつ入れると重さが表示される、次に水を少しずつ入れるとちょうどよい所で止めろと言ってくれる、というような機能が欲しいところです。(2018/09/13 12:01)

オススメ情報

「企業研究」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

> 吹きこぼれを防ぐ蒸気口部分の構造を工夫して、洗い掃除を不要にするなど、

これ、本当に素晴らしいです。

現在の炊飯器で欠けていると思うのは、米と水の量を測ってくれる機能。水加減が難しくて、ちょっと柔らかすぎたり硬すぎたり。内釜を炊飯器に入れたまま、米を少しずつ入れると重さが表示される、次に水を少しずつ入れるとちょうどよい所で止めろと言ってくれる、というような機能が欲しいところです。(2018/09/13 12:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私がじゃなくて、神様が見ても、 誰が見たって(リニアは)いけるんです。

葛西 敬之 東海旅客鉄道名誉会長