• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

だから私はサムスンを辞めた

日本人元社員がみたサムスンの「壁」

2015年5月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネス5月11日号の特集では、大転換期にある韓国経済を取り上げた。その代表格であるサムスンで3月、複数の日本人社員が退社した。日本の技術を貪欲に吸収し、製品開発にいかしてきたサムスンに何が起こったのか。

 ソウルから車で1時間。賑やかな地方都市、水原(スウォン)の一角に、サムスン電子の水原事業所がある。スマートフォンなど家電のR&D機能が集約された、同社にとって最重要拠点の1つだ。

 今年3月、ある日本人技術者がここを去った。

 プリンター部門に勤務していた遠藤直也さん(仮名)。彼がサムスンを辞めたのは、目には見えないサムスンの「限界」に気付いたからだった。

業績低迷が続くサムスン。ウォン高や新興国市場の低迷だけではない「壁」がサムスンの前に立ちはだかっている。(写真:シン・スクミン)

批判覚悟で転職

 「あなたのような方には是非うちで活躍してほしい」。

 2011年初頭。知人の紹介で知り合ったサムスン社員からこんな熱烈アプローチを受けたのが、サムスンに転職したきっかけだ。当時遠藤さんは国内の大手電機メーカーでプリンター部門の技術者として勤務していた。もともと海外で働きたいという思いが強かったうえに、その頃在籍していた会社とは違う環境で挑戦したいとの考えもあり、二つ返事で転職を決めた。スカウト時すでに、サムスン側は遠藤さんの持つ特許や経歴などについて驚くほど詳しかったという。

 サムスンに転職すると周囲に告げると、同僚や上司からの猛反対を受けた。「技術をサムスンに売るのか」「報酬にひかれたのか」…。二度と会ってくれない人もいるだろうと思ったが、それも覚悟のうえで単身、韓国に飛んだ。

 入社初日に言われた配属先はプリンター部門の中にある部署の所属長。いきなり100人以上の韓国人が部下になった。当時のプリンター事業のトップが日本人などの外国人を積極的に登用しようと考えていたからだ。全く分からない韓国語と馴れない社風に戸惑いながら、サムスン社員として働き始めた。

コメント33件コメント/レビュー

引き留めるなら報酬を上げろという意見もあるが、そもそも日本企業は大きな利益を上げられなかった開発者も簡単に解雇できない。雇用の安定と高額報酬との両立は困難。で、雇用されるときに秘密保持条項はなかったのかな?もし秘密保持条項があったのにサムスンに元の会社の技術を漏らしたのなら損害賠償請求される可能性がある。(もちろん、元の会社での技術を使わず新たにサムスンで開発したのならOK)別の会社に技術を売る可能性がある人を雇う会社は少ないかもね。韓国や中国の企業に行くなら、数年で残りの人生分を稼ぐくらいの条件でないと。それも元の会社から損害賠償請求されなければ、だけど。(2015/05/15)

オススメ情報

「韓国 脱財閥へのもがき」のバックナンバー

一覧

「だから私はサムスンを辞めた」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

引き留めるなら報酬を上げろという意見もあるが、そもそも日本企業は大きな利益を上げられなかった開発者も簡単に解雇できない。雇用の安定と高額報酬との両立は困難。で、雇用されるときに秘密保持条項はなかったのかな?もし秘密保持条項があったのにサムスンに元の会社の技術を漏らしたのなら損害賠償請求される可能性がある。(もちろん、元の会社での技術を使わず新たにサムスンで開発したのならOK)別の会社に技術を売る可能性がある人を雇う会社は少ないかもね。韓国や中国の企業に行くなら、数年で残りの人生分を稼ぐくらいの条件でないと。それも元の会社から損害賠償請求されなければ、だけど。(2015/05/15)

ここ7、8年の日本電機メーカーの体たらくっぷりも酷いものだと思います。技術力もブランド力もSamsungを圧倒的に上回っていたにも関わらず、気がつけば主要電機メーカー全ての営業利益を合算してもSamsung一社の営業利益より少ないという事態になっています。人材の引き抜きはAppleやGoogleなどどこの企業でもやっている事。Samsungに限った話ではない。Samsungは他社のキャッチアップと規模の追求で業績を上げた言われていますが、製品を買ってもらわなければこの戦略は意味を成さない。言い換えれば日本の電機メーカーは、自分たちの技術力とブランド力の高さに胡座をかき、製品を売る努力をしてこなかったという事です。Samsungという企業だけでなく、自社の技術者までも過小評価し、Samsungに対抗するために、やるべき事をやらなかったツケが今になって響いている、といった感じではないでしょうか。(2015/05/12)

「それは(他者)も使っている技術なのか」・・・これって、キヤノンでも言われましたが・・(2015/05/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長