• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「老人を廃車のように扱う国は文明国とは言えません」

103歳の日野原重明氏が講演で「前進、前進、前進」と叫んだ

2015年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 聖路加国際病院の日野原重明名誉院長は2015年4月13日、国立京都国際会館で開かれた日本医学会総会で「日本における高齢化と真の健康社会」と題して記念講演をした。103歳の日野原氏は30分間立ったままで熱弁し、「前進、前進、前進!」の掛け声で講演を締めくくった。本記事では、講演の中で日野原氏が特に力を込めて語ったポイントを紹介する。杖をついて退場する日野原氏が、途中で会場に向き直って両手を振り上げガッツポーズを作ると、会場は万雷の拍手に包まれた。

聖路加国際病院の日野原重明名誉院長は日本医学会総会で「日本における高齢化と真の健康社会」と題して記念講演をした(写真:山田哲也、以下同じ)

初公開 病院経営力ランキング

 まず高齢化について、お話ししましょう。

 60年前の日本の平均寿命は男性が50歳、女性が56歳でした。

 2013年になりますと、女性は86歳、男性も80歳になりました。平均寿命が大変延びていることが分かります。

103歳の日野原氏は30分間立ったままで熱弁した

 もう一つのデータを見てみましょう。日常生活を支障なく送れる健康寿命です。こちらは男性が70歳、女性は74歳です。つまり男性は9年、女性は12年以上、要介護や寝たきりの状態になっているということです。

 とくに男性の場合、仕事を引退すると社会的に孤立して、早く死んでしまう傾向があります。存在理由、生存理由、簡単に言えば、張り合いがなくなってしまうわけです。

 ここで申し上げたいのは「老化」と「老い」は違う、ということです。生物学的な衰退現象である老化を止めることはできませんが、人間的な概念である老いは、生きがいを持つことで避けられます。

 では生きがいとは何か。(日本の精神科医の草分けである)神谷美恵子さんは著書『生きがいについて』の中で「自分が誰かのために必要であること」が生きがいだと言っています。自分が「したい」と思うことと、なすべき「業務」が一致することも生きがいでしょう。

 『かくれた神』を書いたオーストリアの哲学者、マルティン・ブーバーは「人は創(はじ)めることを忘れなければ、いつまでも若くある」と言っています。

コメント7件コメント/レビュー

廃車なる言葉、先生自身が引用されているので諒解。免許返納は、走る凶器とも云われる車の運転に関し、対応能力の減衰について自信をなくした自己責任メジャーで決めることとこれも了解する。私が許せないのは、他人が斯様な言辞を弄すること、そのこと自体、その無礼、無礼さそのものなのです。かっては老いては子に従えやおうた(背負った)子に教えられと言ったほのぼのとした情感の雰囲気が漂っていた世の中でした。こんな世間に誰がしたなどと犯人探しをするつもりもありません。実際にも、考えよう心の持ち方によっても、それなりのそれ相応の新しい愉しみや楽しい場面が沢山あります。大切なのは、全ての老若男女には等しく、往く道のある人に来た道ありを想いながらいい記事を読ませていただいたと感謝するだけなのです。(2015/06/02)

オススメ情報

「日野原・稲盛 魂の提言 日本の医療を救え」のバックナンバー

一覧

「「老人を廃車のように扱う国は文明国とは言えません」」の著者

大西 康之

大西 康之(おおにし・やすゆき)

ジャーナリスト

日本経済新聞産業部記者、欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞産業部次長、産業部編集員などを経てフリーのジャーナリストに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

廃車なる言葉、先生自身が引用されているので諒解。免許返納は、走る凶器とも云われる車の運転に関し、対応能力の減衰について自信をなくした自己責任メジャーで決めることとこれも了解する。私が許せないのは、他人が斯様な言辞を弄すること、そのこと自体、その無礼、無礼さそのものなのです。かっては老いては子に従えやおうた(背負った)子に教えられと言ったほのぼのとした情感の雰囲気が漂っていた世の中でした。こんな世間に誰がしたなどと犯人探しをするつもりもありません。実際にも、考えよう心の持ち方によっても、それなりのそれ相応の新しい愉しみや楽しい場面が沢山あります。大切なのは、全ての老若男女には等しく、往く道のある人に来た道ありを想いながらいい記事を読ませていただいたと感謝するだけなのです。(2015/06/02)

老人は廃車のようではありません。しかし大多数の老人は廃車寸前のポンコツ車だと感じています。あくまで大多数の老人です。人間は加齢とともに、自分の経験だけを重要視し、その尺度によって、若い人たちの斬新な視点の先々を妨害しています。また、屋外(公共の場など)で行動している高齢者を観察すると良くわかりますが、高齢者の多くは傍若無人という言葉がピッタリと符合するのです。これでは日本の未来は真っ暗です。(2015/06/01)

今、社会が求めているのは、家族や社会に負担をかけない生き方が求められているのです。不要な存在と言っているわけではないのです。自分の生活は、自分で完結してほしい・ぶら下がるのはやめてほしいと言っているのです。高齢者と言わず、誰もが意思表示証明書ぐらい記入してほしいものです。そして、日野さんの言っていることは、持てる者の言葉に過ぎません。(2015/06/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長