• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第2回 お買い物男子

  • 深澤 真紀

バックナンバー

[1/3ページ]

2006年9月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日曜日の裏原宿を歩くと、買い物のためにやってくる「男子」たちの群れに出会います。

 彼らを「お買い物男子」と名付けます。

「“お”友達と“お”買い物に行きます」――「お買い物男子」の誕生

 「お買い物男子」はもちろん買い物好きの男子という意味ですが、もうひとつ、彼らが言葉のあたまにやたらと「お」を付けることも表しています。

 お仕事、お買い物、お誕生日、といった「お」付き言葉を、彼らは普通の会話の中で、丁寧語としてではなく「今日、ぼくお仕事なんだよね」「このあいだ、お買い物に行ってさ」などと使っています。

 「おまえ、ありえなくね?」「あいつ、ヤバくね?」と男子言葉を使う女子が増える一方で、男子は「お」を付ける言葉使いになってきているのです。

 たとえば男子芸能人たちも、若手から30代の中堅まで、自身のブログや雑誌のエッセイなどで、「今日もお仕事がんばりま~す」「このあいだ、友人とお買い物に行きましたっ!」などと、さかんに書いています。

 休みとなれば、彼らは男子だけでつるんでお買い物に出かけます。裏原宿だけでなく、日本中のショッピングスポットには、お買い物男子連れだらけ。いまやおしゃれ好き男子は1人で買い物になんか行かないものなのです。

自分や同性が楽しむおしゃれがしたい!――「お買い物男子」の生態

 そう、「お買い物男子」のポイントは、他人と一緒に買い物をするということ。これが何を意味するかといいますと、つまり、男子もやっと「同性に見せるためのファッション」を楽しめるようになったということなのです。

 女性の場合、おしゃれな人は異性ではなく同性から評価されます。異性受けするおしゃれは「モテる」かもしれませんが、自分が楽しむおしゃれとはちがうものです。

 「お買い物男子」は、自分や同性が楽しむおしゃれができるようになった男性たち。そんな彼らが求めているのは、同じおしゃれを楽しむ男子によるアドバイスであり、評価なのです。

 お互いのワードローブを把握している男子同士が、「このアウターにそれは合わないんじゃないかな?」「あのジャケットにこれならいいんじゃない?」と、コメントしあいながらお買い物に耽るわけです。

 また、彼らは自分の属するグループがイケているか、イケていないか、ということをとても気にします。

コメント8件コメント/レビュー

欧米かっヾ(・・ )(2007/01/30)

オススメ情報

「U35男子マーケティング図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

欧米かっヾ(・・ )(2007/01/30)

欧米では男性同士で南の島にバカンスに行ったりカジノをするためにラスベガスに行ったするのは当たり前のことですよ!私が旅行先でこのような光景を普通に見てますから!日本人はどうしてこのようなことがおかしいと思うんですか?おかしな人種ですね。(2006/10/31)

皆様コメントを本当にありがとうございます。担当編集のYと申します。「編集者が驚いていることが驚きです」というコメントに、年を感じずにはいられませんが、深澤さんから送られてくる「U35」の男子たちの振る舞いは、冗談でも演出でもなんでもなく「ほ、本当ですか?!」と言ってしまうこと度々、時々「まさか作ってませんよね? これでも一応、日経グループの媒体に載るんですが」と電話で尋ねてしまうほどです。特に、彼女にプレゼントした服を共有するというのは信じがたい、と、思わず玉稿に注記を入れてしまいました。が、昨日、まさに「お買い物男子」そのものに弊社内で出会ってしまい、「いたんだ」と驚愕しました。Over40世代としては、深澤さんの次の原稿が届くのが楽しみでもあり、恐怖でもあります。どうぞ引き続きご愛顧くださいませ。(2006/09/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長