• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「アイデアを極限まで絞り出せ」 
リーダーが改革チームに語った一言

ニチレイフーズ(3)

  • 眞木 和俊

バックナンバー

[1/2ページ]

2006年10月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ユーザーも喜んだ発想の転換

 改革活動に従事するため、長崎工場から博多工場に異動した改革リーダーのS氏は、主力製品の30%コストダウンという目標のあまりの高さにとまどっていた。

 「長崎では製造課長だったので、生産活動のすべてを理解していました。しかし、博多は業務用製品が主力だったので、生産工程が微妙に異なりました」。慣れない現場での初めての取り組みにとまどわない方が不思議である。さらに自分のいた工場でも想像できないほどの大幅で短期のコストダウンとなれば、普通は諦めが先に立つものではないか。

 しかし、S氏の中では責任感と前向きな覚悟が不安を上回っていた。「改革リーダーに専任されたので、会社は本気でやり遂げようとしていることが分かりました」。そしてS氏の上司で、よき理解者になったのが、博多工場の製造部長のY氏だ。Y部長は、「一緒に頑張るから、何でも相談してくれ」と、S氏をあらゆる局面でサポートしてくれた。

 こうした環境で果敢に改革活動を始めたS氏ではあったが、現状を簡単に調べただけで、またしても大きな壁にぶち当たってしまった。「ここでは生産現場としてやるべき合理化はきちんとやっている。これ以上何が減らせるというのか?」。生産現場のプロから見ても生産性の実態は十分なものであり、S氏を悩ませ続けた。

オススメ情報

「ザ・チェンジエージェント-変革DNAの研究」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授