• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第49回】人間嫌いな性格を無理に直さなくていい

  • 深澤 真紀

バックナンバー

[1/2ページ]

2008年11月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に引き続き、「人間が苦手」という人のメンテナンス術を見ていきます。

 私がこの連載コラムを始めたのは、私自身が人間関係が苦手だったということも大きな理由です。

 若い時からそういう自分に気がついていたのですが、「そんな自分を認めてしまったら、終わりだ!」と思っていましたし、「そうは言っても、もしかしたら得意かもしれない」とも思いたかったので、わざわざ人と関わるマスコミ業界に就職し、それどころか自分で会社まで作ってしまいました。

 しかし20年近く働いて分かったことは、「自分が本当に苦手なことは、なかなか克服できないものだな」ということです。

 そして、「人間関係が苦手な自分を否定してしまうと、かえってよくない」「そういう自分を直そうとしても無理があったり、かえって人に迷惑をかけたりすることもある」ということも、しみじみと分かりました。

自分の性格を素直に認める

 そこで、まずは「人間関係が苦手な自分」を認めることだ、と気づきました。また、前回でも書きましたが、「準備して役割を演じる」ように「困った時には何とかする方法」も覚える、ということです。

 そして基本的には「人間が嫌い」で「人間が苦手」なのだから、そういう自分の性格を、無理に直したりしなくていい、と思っています。

 今の私は人間関係を「開店休業」しているような状態ですが、それが今の自分のためには合っています。

 とはいえ、人間関係が苦手な原因というのは、自意識過剰だったり、人から好かれたいとかよく思われたいという欲望が強いためだったりするので(少なくとも私はそうです)、もう少し年を取ると、少しは変わるのかなとも思います。あるいは、今よりもっと頑固になるかもしれません。こればかりは実際に年を取ってみないと分かりませんし、そうなったらその時に考えればいい、と思っています。

 それが「自分をすり減らさない」「自分を長持ちさせる」「そこそこほどほどに生きる」ための「人間関係のメンテナンス術」なのです。

 自分がどういう人間かを自分だけは知っておいて、認めることが大事です。そして、「その時の自分に合った方法」を見つけて、自分をメンテナンスすることが大事なのです。

 人間関係が苦手なことを認めてしまったら、一人ぼっちになってしまうのではないかと思うかもしれません。

 しかし、人はいずれにしても絶対に一人で生きられるものではありません。これは「人は誰かに支えられて生きている」という、よく言われることではなく、「生活している限りは、現実的にどうしたって一人きりで生きることはできない」という意味です。どんなに孤独を望んでも、本当の孤独は絶対に実現しないのです。

 ですから、人間関係をある程度「開店休業」状態にしていても、その人なりに何かしらほかの人間と関わっているものです。

コメント5件コメント/レビュー

ごく、当たり前の内容です。知らない人とはあまり会いたくない、という人は沢山いますし、営業職だった私でも、たいていは人と会うのがいやでした。最低限の礼儀と話の筋で、たいてい進みます。気の合う人ができれば、仕事を離れても知人になれます。それより「誠意があるかどうか」を意識します。距離感が一致しているかどうかも意識します。いやな場合は逃れます。また「自分がしてあげたいことをするより、相手がして欲しくないことしない」を意識します。ただ、日本の会社はべったり関係し、そして息切れするまで一緒に頑張るのが良しとされており、やりにくい所は認めますが、「まあ今日はこの辺で」「ご配慮どうも、しかし結構です」といった「No thank you」でよろしいと思っております。愛想笑いで顔筋肉が引きつる前に!(2008/11/06)

オススメ情報

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ごく、当たり前の内容です。知らない人とはあまり会いたくない、という人は沢山いますし、営業職だった私でも、たいていは人と会うのがいやでした。最低限の礼儀と話の筋で、たいてい進みます。気の合う人ができれば、仕事を離れても知人になれます。それより「誠意があるかどうか」を意識します。距離感が一致しているかどうかも意識します。いやな場合は逃れます。また「自分がしてあげたいことをするより、相手がして欲しくないことしない」を意識します。ただ、日本の会社はべったり関係し、そして息切れするまで一緒に頑張るのが良しとされており、やりにくい所は認めますが、「まあ今日はこの辺で」「ご配慮どうも、しかし結構です」といった「No thank you」でよろしいと思っております。愛想笑いで顔筋肉が引きつる前に!(2008/11/06)

毎回楽しく拝見させていただいています。「それじゃ私が悪者みたいに見えるからイヤ…」が口グセな、何事も「善悪」で判断する同僚からの相談に参っている私にはありがたい連載です。(2008/11/06)

毎回、深澤さんのコラムで心が少し軽くなります。私もどうしてもかっこつける癖があるのですが、無理をしないこと、心がけて生きたいです。。(2008/11/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長