• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【11】「幸せ女子」と「成功女子」

「女の幸せ」はどこにある?

  • 深澤 真紀

バックナンバー

[1/3ページ]

2009年2月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「女の幸せ」という言葉があるように、女性の人生にとって「幸せ」は何より重要な要素です。

 一方で「男の幸せ」という言葉はあまり聞きません。男性にとって、「女の幸せ」に対応する言葉は「男の成功」かもしれません。

 日本では、戦後の高度経済成長からバブル期まで「男は仕事、女は家庭」という目に見える分業が行われてきました。それは言い換えると、目に見えない形で「男は成功を担当し、女は幸せを担当する」と分業されてきたことでもあるのです。

「成功女子」は「幸せ女子」が前提

 しかしバブル期に女性が社会に出るようになると、彼女たちも「“成功”も悪くない」と気がつくようになりました。そしてこれまでの「幸せ女子」だけではなく、「成功女子」も登場したのです。

 ところがどんなに成功したとしても、幸せでなければ女性にとっては十分な満足ではありません。「成功女子」なだけでは許されないのです。

 新聞の人物欄を読んで私が昔から違和感を感じているのは、例えばある賞を取った女性の科学者の紹介記事があると、科学者の紹介なのになぜか朝のお弁当作りのシーンから始まることです。

 「△△教授の朝はお弁当作りから始まる。その後実験室に行き、世界的な発見につながる研究に励む。夫も同業者で、一男一女のよき母」というような記事はよくあるものです。男性が受賞した記事ならば、そんなことは書かれません。

 このように女性には、どんなに大きな仕事の成功があっても、「成功女子」であることだけでは許されません。結婚や子育てを経た「幸せ女子」でなければ、周囲からも(そして自分からも)評価されないのです。

 一方で男性の場合は、「成功」すると「幸せ」がついてくるものです。そして「男の魅力」もついてくるものです。

 よく「男は仕事で成功すればもてるけれど、女は仕事で成功してももてない」と言われます。女性にとって「もてること」は「幸せ」の必要条件です。

どんどん増える「女の幸せ」の必要条件

 バブル期以降、女性にとっては幸せの必要条件が増えるばかりです。高度経済成長期ぐらいまでは「幸せ女子」の必要条件は「結婚」や「子供」くらいのものでした。

 今では「結婚」「子供」に加えて、「趣味」「友人」なども「幸せ女子」の必要条件となりつつあります。さらに「女としての魅力」も加わっています。

 「成功女子」の必要条件にも、「仕事の成功」だけでなく「女としての魅力」は欠かせないものになっています。

 こんなに、何もかも手に入れなければいけないとなると、「幸せ女子」も「成功女子」もなかなか大変です。

コメント14件コメント/レビュー

「幸せ男子」・・・なるほど!とポンッと手を打ってしまいました。我が社の20~30代男子に、あまりにも野心がないのが謎でした。で、このコラムに出てきた「幸せ男子」。まさにそれです。若いのにあまりにもびっくりするくらい保守的な発言、発想、考え方が一体何から来ているのかというのが納得できました。そして、どんな些細なことでもいいから、達成感や満足感を見つけるというのは本当にいいことだと思います。達成感や満足感を見つけることができて、自分が「幸せ」を感じることができれば、自分の心の中にも余裕ができて、人にも優しくすることができますから、感情的な疲弊感がなくなりますよね。本当に「完璧」を目指して「足りない探し」をするのは疲れます。少し肩の力を落として・・というのは、こういうことなんでしょうね。(2009/03/02)

オススメ情報

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「幸せ男子」・・・なるほど!とポンッと手を打ってしまいました。我が社の20~30代男子に、あまりにも野心がないのが謎でした。で、このコラムに出てきた「幸せ男子」。まさにそれです。若いのにあまりにもびっくりするくらい保守的な発言、発想、考え方が一体何から来ているのかというのが納得できました。そして、どんな些細なことでもいいから、達成感や満足感を見つけるというのは本当にいいことだと思います。達成感や満足感を見つけることができて、自分が「幸せ」を感じることができれば、自分の心の中にも余裕ができて、人にも優しくすることができますから、感情的な疲弊感がなくなりますよね。本当に「完璧」を目指して「足りない探し」をするのは疲れます。少し肩の力を落として・・というのは、こういうことなんでしょうね。(2009/03/02)

次の観点は参考になった。・女子の成功には「幸せ」をまず確保していること・男子は「成功」があって、その後に「幸せ」「魅力」が付 いて来る。(2009/03/01)

今では「成功女子」も「幸せ女子」も、少なくともマスコミ的には市民権を得ていると思いますが、「幸せ男子」はまだ全然ですね。男子にはいまだに「成功」しか認められていないんですよ。不公平です。(2009/02/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO