• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

書籍「丸ごとコピー、公開」は乱暴過ぎる

文化への見識が問われる「ブックサーチ」への対応

2009年10月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年、世界の出版業界を揺るがしたのが、米グーグルが進めるプロジェクト「ブックサーチ」だった。グーグルが複数の図書館と提携して蔵書をスキャン。米国内で流通していない書籍は、著作権保護期間内であっても全文の閲覧を可能とするものだ。

 これに対して、米国で全米作家協会と全米出版社協会が訴訟を提起。2008年10月に「商業利用の収入の63%を権利者に支払う」「無断でデジタル化した書籍について、1冊当たり60ドル支払う」「米国内で絶版または市販されていない書籍については、データベースに組み入れる」などを骨子とする和解案ができた。

 世界の著作権者を巻き込む大騒動になったのは、「ベルヌ条約」という国際的な著作権に関する基本条約があるためだ。和解案の対象は「米国著作権を有するすべての人物」。ベルヌ条約で日本の著作物は米国でも著作権が発生しているため、自動的に日本の著作権者が和解に組み入れられた。異議がある場合は自ら申し出ねばならず、日本では日本ビジュアル著作権協会(JVCA)や日本ペンクラブなどが和解から離脱を表明した。その後、米裁判所は海外著作者への影響などを考慮して、和解案の修正を促している。

 「グーグル包囲網」。第6回に登場するのは、芥川賞や谷崎潤一郎賞など多数の文学賞受賞経験を持ち、JVCAに加盟する作家の三木卓氏。「ブックサーチ」について、著作権者からの意見を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス記者、広岡延隆)

 ―― ブックサーチの問題をいつ知りましたか。

 三木 知らなければいけなかったのは2月に米グーグルが新聞広告を載せた時でしたが、見逃しました。日本ビジュアル著作権協会から3月17日付でこの問題についてお知らせが送られてきて、本当に驚きました。

無断でスキャンして儲けるのは泥棒のようなもの

三木卓(みき・たく)氏
1935年東京生まれ。1973年に小説『鶸(ひわ)』で芥川賞受賞、1997年に小説『路地』で谷崎潤一郎賞など受賞多数。1999年に紫綬褒章。2007年に文学諸分野での長年の功績が認められ日本芸術院賞恩賜賞受賞。純文学から児童文学、詩まで幅広い作品で知られる。
(写真:皆木優子、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 三木 少なくとも私にはいまだにグーグルから直接の連絡はありません。私の著作では、カリフォルニア大学とミシガン大学の蔵書が数十冊デジタル化されたようです。

 その時点で700万部もすでにデジタル化されていて、インターネットの世界図書館が米国で利用できるようになるという話。そういうことが著作者に無断で進行しているのは大変なことです。

 人の著作物を無断でスキャンして公開して儲けるのは、泥棒みたいなものです。一私企業がプロジェクトとしてそういうことをやるのは道徳にも法律にも反するのではないか。

 黙っていてはいけないと思いましたが、日本から裁判をやると巨額になるので泣き寝入りしたほうがいいという意見もあった。私が作品の著作権管理を委託している日本ビジュアル著作権協会(JVCA)で弁護士に相談してもらってやっと道が開けた。

 グーグルは勝手にスキャンした分について1冊60ドルで和解しろといいます。実に粗雑なやり方です。例えば五味川純平の「人間の條件」 は大変な長編です。これも1篇の詩も同じ条件なのかも不明確です。

著作権切れでも問題は単純でない

 三木 文化的な遺産、例えば古典とかは著作権が切れたところで、自由に再活用できることになっている。そういうものならデジタル化は大変役に立ちます。ただ、これについてすら、いくつか考えなければいけない問題がある。

 宮沢賢治を例に取ってみましょう。彼の作品のほとんどは生前、商業発表されませんでした。残された生原稿はどこがどう続くのか正確には分からなかったのですが、複数の出版社が宮沢賢治の全集を作りました。

コメント19件コメント/レビュー

googleのやろうとしていることがダメだというなら、立ち読みだってダメなのじゃないだろうか? なぜ立ち読みはOKで、検索がダメなのかが理解できません。(2009/10/29)

オススメ情報

「グーグル包囲網」のバックナンバー

一覧

「書籍「丸ごとコピー、公開」は乱暴過ぎる」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

googleのやろうとしていることがダメだというなら、立ち読みだってダメなのじゃないだろうか? なぜ立ち読みはOKで、検索がダメなのかが理解できません。(2009/10/29)

◆記者もこの作家も、そしてコメントを付けている人も、ブックサーチのシステムを誤解し、その誤解に基づいて非難しているようにしか見えない。◆Googleは出版物の全文スキャンを行うが、それは検索インデックスを作成するのに必要というだけにすぎない。当然検索したところで全文閲覧可能になるわけではない。現状のGoogle検索と同様、100字程度の引用が表示されるだけであるとされている。この本にお求めの記述がありますよ、(もし目的の内容だったら購入はこちらへ)ということだ。現在は絶版書籍に限ってのサービスとしているのでカッコ内の動作は望めないが、Googleが本来やりたいサービスはここだろう。今までタイトルや出版社がわからなければ検索できなかった書籍が、本文内容の検索を通じて検索できる。そして実際の紙の書籍が売れる(もちろんKindleデータなどのデジタルデータとして販売するのもありだろう)というサービスだ。サービスインが紆余曲折の結果、絶版書籍に限るということになってしまったため、この点を誤解している人が作家側にも消費者側にも多くみられる。◆もちろん検索語を逐次変更し何十回何百回と検索を繰り返せば1冊丸々のデータが手に入るかもしれない。が、そんな事をする人間はほんの一部でしかないし、また彼らはたとえ目的の書籍が目の前に存在していたとしても金を払わない人種である。無視するに限る。彼らを敵視するあまり、多くの善良な消費者の利便性を損ねることはあってはならないと考える。(2009/10/28)

 グーグルの過ちは、アメリカでの訴訟の和解結果を「全世界に」適用しようとしたことにある。これはアメリカによる「治外法権」であり、国際法上も違法である。 グーグルは、面倒でも世界各国それぞれの法廷にて同様の訴訟を行って、1国ずつ実績を積み重ねて欲しい。英語圏の会社に日本人の根幹たる日本語の文献を好き勝手にして欲しくない。この感情はフランス人も共有してくれるでしょう。(2009/10/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長