• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

デザインがダメなら、カイゼンしてもダメ

「ひたすら頑張る毎日の活動」から突破口は見いだせるのか

  • 谷島 宣之

バックナンバー

[1/3ページ]

2011年1月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ありきたりの設計を製造段階で改善しようとしてもどだい無理」。

 これはファナックの稲葉清右衛門名誉会長の発言で、1月12日付日本経済新聞1面の『ファナックの国産宣言』という記事に出ていた。製造業のみならず、日本全体にとって重要な言葉と思ったので、改めて引用した。

 ファナックは「市場の変化や顧客の要望」を重視し、まず価格を決める。研究者は、その価格で利益が出るように考えて、製品を設計する。つまり、「利益は開発時点で決まり、製造段階では生まれない」。「価格、開発期間、仕様」という「様々なハードル」を越える研究者の力がファナックを支えている、といった記事であった。

 自社を起点にするのではなく、市場や顧客を起点にして製品やサービスを組み立てるべし、とは従前より言われていることだが、なかなか記事に書かれていたファナックのように実践できるものではない。

 ところで、記事には「すべてを決める研究開発」という大きな見出しが付いていた。これを「すべてを決めるデザイン(設計)」と読み替えれば、あらゆる企業や組織に当てはまる指摘になる。「ありきたりのデザインを後工程で改善しようとしてもどだい無理」ということだ。

 デザインの対象はモノとは限らない。サービスや制度の場合もある。何らかのプロジェクトをデザインすることもある。本欄のテーマである情報活用を成功させるには、システムのデザインがカギを握る。

 新規事業や新会社のデザインも、さらには国家や社会や地球のデザインも重要である。「ありきたりのマニフェストを後で改善しようとしてもどだい無理」である。

電車とメールの告知からデザインを考える

 ファナックの記事を読んだ後、電車に乗ったところ、「木を見て森“も”見るシステム思考」と書かれた広告が目に入った。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の学生募集である。同研究科は、マネジメント力、創造力(デザイン)、コミュニケーション力を身に付けさせるという。

 なるほどと思ったのは、「木を見て森“も”見る」という表現である。目の前にある製品という「木」だけを見てデザインしようとしてもダメで、市場や顧客の利用現場という「森」まで見なければならない。

 あるいは、こうとも読める。デザインという「木」は大事だが、実際の製造やサービス部門、間接部門という「森」があってこそ、顧客に価値を提供できる。冒頭の記事の「利益は開発時点で決まり、製造段階では生まれない」や「すべてを決めるデザイン」という下りは少々書き過ぎで、正確には「利益は開発時点でほぼ決まり、製造段階だけでは生まれない」「ほぼすべてを決めるデザイン」となるだろう。

 デザインが大事と言おうとするあまり後工程を軽んじてはならないし、製造やサービス現場の改善活動を強調するあまりデザインを軽んじてはならない。だが、往々にして、木だけを見たり、森だけを見てしまう。

 記事を書いていると、どちらか一方を強調してしまいがちであり、といって正確に書こうとすればするほど、かえって歯切れが悪くなる。この点にしばしば苦労するのだが、「木を見て森“も”見る」は、全体を俯瞰し、なおかつ細部に気を配る、ということをうまく表現していた。

コメント12件コメント/レビュー

ものづくりをどんなに頑張っても、「そもそも、それって消費者に有益な商品・利用者に必要とされているサービスですか」というスタートラインで間違っていると、一生懸命努力してゴミを生産する、ということになります。これほど空しいプロジェクトはありません。これを、P.F.ドラッカーは「死体の防腐作業にすぎない仕事ほど空しいものはない」と論じていました。(本当の葬式のための死に化粧なら別ですが)(2011/01/20)

オススメ情報

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ものづくりをどんなに頑張っても、「そもそも、それって消費者に有益な商品・利用者に必要とされているサービスですか」というスタートラインで間違っていると、一生懸命努力してゴミを生産する、ということになります。これほど空しいプロジェクトはありません。これを、P.F.ドラッカーは「死体の防腐作業にすぎない仕事ほど空しいものはない」と論じていました。(本当の葬式のための死に化粧なら別ですが)(2011/01/20)

定年以後はコンサルをしてますが、現役のときから「すじ」がいい、わるいという言い方をしていました。組込なのでソフトもハードもありますが、特にサーボなど制御系は設計のすじが悪いととんでもないものになります。設計の初期からきちんと指導する。アーキテクチャ設計や企画時点など上流でないとだめなんですね。最近はそのへんの下手な幹部が多いようです。指導で規定なんでしょうか。ゆとりがないんですかね。ただすじというのは暗黙知に近いので、いろいろやらないと覚えていけない面もあります。(2011/01/19)

現場(製造方法)を知らない設計者が増えた昨今、設計の重要性を指摘されたファナックの稲葉さん、同感です。しかし、実態はいきなりCADの前に座って3D設計を始める若人達。またデジタルという名の下に、せっせと環境整備に走り、若人にCADに座るよう促す経営者達。ゲーム世代だからと称して。デザイン(デッサン)は紙と鉛筆で行うものと教えてくれた先輩諸氏。我が社だけの問題ならいいのですが・・・。(2011/01/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授