• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

JAL、正念場は5月、8月…

再生計画の未達が続けば銀行の協力姿勢に暗雲

  • 永井 央紀

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年4月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月30日朝、日本航空(JAL)(9205)の西松遙社長は、いつもより30分ほど遅く自宅を出てきた。普段はライトグレーなど明るい色のスーツが多い西松社長だが、この日はフォーマルなダークスーツ。「急いでいるから」と報道陣を振り切り、妻の運転する車で慌ただしく出かけていった。行き先は「3月28日に追加融資の契約を交わした主力銀行へのお礼の挨拶」(関係者)だったという。

 懸案だった追加融資が決まった直後で、本来なら上機嫌であるべきところ。それが、報道陣を避けるように去っていったのには理由がある。前日夕方、主力取引行が相次いでJALの債務者区分を引き下げる動きが明らかになったのだ。

 まず三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行が金融庁の検査を受けて、債務者区分の引き下げに動いた。JAL向けの融資には大幅な引当金の積み増しが必要となり、今後の新規融資は困難になる。準メーン銀行のみずほコーポレート銀行も3月下旬から金融庁の検査が入っており、JALの債務者区分を両行に合わせてくると見られる。

 カギとなるのは融資額が4000億円近いメーン銀行の日本政策投資銀行だ。幹部は「うちに金融庁の検査は入っていない。債務者区分は(JALが2月に策定した)再生計画の推移を見て決めること」と語る。しかし、関係者からは「一部の幹部はJAL担当者のやり方が生ぬるいと不満気だ」との声が聞こえる。

「苦戦しているが、数年で必ず再生する」と入社式で語る西松遙社長

「苦戦しているが、数年で必ず再生する」と入社式で語る西松遙社長

 週が明けた4月2日、東京・天王洲アイルのJAL本社ビルで開かれた入社式。「厳しい状況なのは分かっているが、この会社に引かれた」と言う新入社員に、西松社長が「社会から糾弾されている時期によく日本航空を選んでくれた」と話すなど、再建途上の緊張感は入社式にも漂っていた。その後、取材に応じた西松社長は債務者区分の見直しに対する質問に「銀行からは今後もサポートしていただけると、つい最近も聞いた」と強調した。

 3月29日からこの日までに株価は6%下がり、信用リスクを表す社債(2011年2月償還)の国債利回りに対する上乗せ幅(スプレッド)は2.35%から2.46%に急拡大した。「再生計画の発表後、楽観的な見方が漂っていた市場の目を覚まさせた」(フィッチ・レーティングスの青山悟ダイレクター)という。

新たなリストラ策も

 では、JALは今後どうなるのか。まず、JALの資金繰りがすぐに危うくなるのかというと、必ずしもそうではない。下の表は、再生計画の目標数値や市場関係者の試算を基に、JALの今後の必要資金額をまとめたものだ。

当面の資金繰りは銀行の借り換え応諾が前提

 新たに調達が必要な資金は、2007年3月期の550億円のみ。この分は3月28日に契約した595億円の追加融資で賄える。今後、再生計画の目標を達成し、各行が残高の借り換えに応じてくれる限りは、当面の資金繰りに問題はないと言える。国土交通省の安富正文事務次官は4月2日の定例会見で「今年度の資金繰りに問題はないと聞いている」と述べた。

 ただ、JALが過去に立てた経営計画目標はことごとく未達に終わってきた。今回の再生計画は、3年で営業キャッシュフローを倍増させるなどハードルが高い。にもかかわらず、不採算路線として撤退を決めた路線を、計画発表の直後に復活させるなど、早くも行き当たりばったり感がにじんでいる。目標達成に疑問が生じてくれば、借り換えに応じない金融機関が出てくる可能性がある。

 その場合、「最初の山場は500億円の社債償還と長期借入金の借り換え期限が来る5月だ」(JAL関係者)。金融機関が必要と判断すれば、この時期に新たな追加リストラ策を求められる可能性が高そうだ。西松社長は「環境の変化に合わせて適切に対応を取っていく」と追加的な施策も示唆している。

 その次に来る節目は航空需要が高まる8月。航空会社の収支は季節性が大きく「春が大赤字、夏に黒字化して、秋冬を耐えてしのぎ切る」というもの。金融機関が注目するのは夏場の搭乗率だ。この唯一とも言える稼ぎ時に、どれだけの実績を残せるか。目標を大きく下回れば銀行の協力姿勢に影響し、JALの資金繰りにも直結しかねない。

コメント2件コメント/レビュー

日経BOonline「時流超流」編集部署 御中いつも大変対勉強になります。記事に指摘はありません。最後の「見方によっては改革への追い風とも言える。この風で離陸できなければ…」の表現は、「風」にかけたのでしょうが、航空力学上、追い風は離(着)陸時には回避すべきだそうです。老婆心ながら、一言申し上げます。文京区在住 酒見謙二(2007/04/16)

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日経BOonline「時流超流」編集部署 御中いつも大変対勉強になります。記事に指摘はありません。最後の「見方によっては改革への追い風とも言える。この風で離陸できなければ…」の表現は、「風」にかけたのでしょうが、航空力学上、追い風は離(着)陸時には回避すべきだそうです。老婆心ながら、一言申し上げます。文京区在住 酒見謙二(2007/04/16)

昭和石油を超えるドル先物損失など、とてつもない経営ミスには一言も触れず、暗に他社よりも何割も低い賃金水準で何割も長い勤務時間を受け入れる事を強いられている組合が抵抗勢力であるかのような考察のかけらも無い浅薄な評論であると感じる。(2007/04/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授