• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第15回 成田を凌いだタイの空港

  • 森 功

バックナンバー

[1/3ページ]

2008年8月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 激化する国際競争の中、本格的なオープンスカイに踏み切れない国土交通省は、経営難に喘ぐ地方空港を海外に開放することにより生き残りの活路を求めてきた。その航空交渉の相手国はもっぱらアジア諸国である。

 <空港容量に制限のある我が国の首都圏空港を除き、日タイ相互に乗り入れ地点及び便数制限を廃止し、航空自由化を実施した。我が国がこのような航空自由化に合意したのは韓国に次いで2カ国目となる>

 国交省のホームページによれば、昨年11月、チェンマイで行われた日本とタイは航空当局間協議に合意。昨今、日本企業が進出し、相互の往来が盛んなタイは、日本の航空政策にとってまさしく重要な国と言える。

 そんなタイの国際基幹空港が、スワンナプーム空港である。オープンは2006年9月28日。首都バンコクの中心部から東へ30キロほど離れたサムットプラーカー県ノーングハオという場所にある。バンコクから車で1時間ほどしかかからない。

 スワンナプームとはサンスクリット語で「黄金の土地」を意味する。これまでタイの国際基幹空港だったドンムアン空港に代わり、東南アジアのハブ空港を目指しているという。アジア最大規模の本格的国際ハブ空港を建設したタイの空港戦略は、日本より一歩先んじている、と評価する航空関係者も少なくない。オープンから2年近く経過したスワンナプーム空港の実情をレポートする。

成田の旅客数を上回る

 スワンナプーム空港の特徴は、まずその規模の大きさである。空港の敷地面積は3237ヘクタールと、実に成田空港の3倍に当たる。現在、4000メートルと3700メートルの2本の平行滑走路が整備され、そこから旅客・貨物機が飛び立つ。ターミナルビルの北側にそびえる世界一の高さ(132メートル)の円形ガラス張りコントロールタワーが、空港のランドマークになっている。24時間眠らない国際ハブ空港である。

 乗り継ぎが同じターミナルでスムーズにできるといったワンルーフ戦略の一環として建設された旅客ターミナルビルは、単一施設としては世界最大。地下2階、地上7階建ての建物だ。出発ロビーの中央にある巨大な黄金の仏像が、利用客を見送る。旅客用のボーディングブリッジ(搭乗棟)は、注目の総2階建て大型機A380(エアバス380)の2階部分に直接装着できるように設計されている。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

 現在の施設は、年間4500万人が利用できるキャパシティーがある。開港1年目の利用状況は4184万人、と処理能力の93%に到達。オープン当初、巨大なターミナルビルのせいで「トイレの場所が分からない」「使い勝手が悪い」などといったクレームやトラブルが相次いだ割には、利用客は減っていない。利用客の数だけを比べたら、約3500万人(2006年度)の成田空港を凌いでいる。

 「空港運営にとって、東南アジア諸国は地理的に有利な位置にある。日本からタイでトランジットして欧州に向かう利用客も多い。そのため、東南アジアの空港は、どこもハブ空港を目指すと宣言してきました。スワンナプームも15年前の設計段階からそう申し上げてきました」

 「その中でもタイは地理的な優位性を発揮できます。よくシンガポールのチャンギ空港と比較されますが、例えば東アジアからバンコクを経由して欧州に向かう場合、こちらの方が1時間半以上時間を短縮できます。ただし、シンガポールとは競争するのではなく、お互い東南アジアの空港として共存していきます」

日本からも資金を調達

 タイ空港株式会社(AOT)のサラジット・サラポルチャイ副社長がそう話す。国際競争力を持った空港の規模という点では、日本より一歩も二歩も先を歩いているとも言えるが、さらなる拡張計画もあるという。

コメント2件コメント/レビュー

私は7年前と今年ブータンへ行くためタイの空港を利用した。特に今年スワンナプーム国際空港を利用した印象はこの閉ざされた日本の空シリーズを呼んでいるだけに本当にショックだった。ブータンに行くには朝5時の便になるため朝3時に空港に行くがそのためのホテルも終夜営業だし、空港で終夜付き合っている係員や旅行者の多さに感心した。その感じでボードを眺めるともう便数も成田は越えているなという感じがする。昼は昼で空港を一歩出るとタクシーーやホテルの客引きがにぎやかで空港で少しの商売にありつこうとしている人たちの熱気が伝わってくる。売店も数多く良いサービスを提供してくれるし、食堂も各種の料理が安く食べられる。もう議論を超えて立派なハブ空港になっているなと感じた。(2008/08/08)

オススメ情報

「閉ざされた日本の空」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は7年前と今年ブータンへ行くためタイの空港を利用した。特に今年スワンナプーム国際空港を利用した印象はこの閉ざされた日本の空シリーズを呼んでいるだけに本当にショックだった。ブータンに行くには朝5時の便になるため朝3時に空港に行くがそのためのホテルも終夜営業だし、空港で終夜付き合っている係員や旅行者の多さに感心した。その感じでボードを眺めるともう便数も成田は越えているなという感じがする。昼は昼で空港を一歩出るとタクシーーやホテルの客引きがにぎやかで空港で少しの商売にありつこうとしている人たちの熱気が伝わってくる。売店も数多く良いサービスを提供してくれるし、食堂も各種の料理が安く食べられる。もう議論を超えて立派なハブ空港になっているなと感じた。(2008/08/08)

正直なところバンコック新空港は「どうしても使わなければならない」場合以外は使いたくない空港だ。(1) ボーディングブリッジが壊れているゲートが多く飛行機がボーディングブリッジのあるゲートについているのにバスでゲートに運ばれるケースが多い、(2) SQ632のようにシンガポールから東京へ行くのにバンコックでワンストップする便の場合、機材が変わるわけではないのにいったん飛行機を強制的に下ろされ延々と歩いてバゲージチェックをして又延々と歩いて元のボーディングゲートに戻らされるという変な慣行がある、(3) 乗り継ぎの場合到着ロビーと出発ロビーをつなぐバゲージチェックカウンターが決定的に少なく飛行機の到着/出発する場所によっては延々と歩かされる距離が長い(これは香港新空港も同じ)、等等。このような視点も加えてインタービューの対象を選択してほしかった。(2008/08/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

創業者からの事業継承ほど 難しいものはないですね。

桜田 厚 モスフードサービス会長