• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

奈落の淵を歩く経済政策

  • 児玉 博

バックナンバー

[1/3ページ]

2009年2月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京・霞が関。経済産業省8階にある経済産業政策局は文字通り、日本の産業政策を司り、各企業の動向をウオッチし続けている経産省の中枢局である。

 その8階に日々緊張感が高まっている。昨年、米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻に端を発した世界的な金融恐慌は、極端に輸出に依存した経済構造になっていた日本の企業を直撃している。

 予想されていたとはいえ、世界に冠たる優良企業だったトヨタ自動車をはじめ、輸出関連企業から出てくる数字は目を覆わんばかりものばかりだ。

 急速な信用収縮に伴い、企業の資金繰りは急速に悪化する。

 どの企業もさながら砂漠で水を求めるようにキャッシュ(資金)を求めている。聞こえてくるのは財務担当者の悲痛な叫びばかりだ。

 社債を出そうにも証券会社が引き受けてくれない。引き受けてくれる客がいないのである。短期資金調達の要であったCP(コマーシャルペーパー)がほとんど発行できない。コミットメントライン設定のハードルはごく普通の企業にすれば乗り越えることが絶望的なほどの水準にまでなってしまっている。

 銀行からの借り入れ、資産ファイナンス、ポートフォリオの変更、CB(転換社債)の発行――企業はあらゆる手を尽くして短期の流動性、キャッシュを作るためにまさに乾いた雑巾をさらに絞ろうとしてい。

 当局も当然対策に動く。

 冒頭に挙げた経産省経済産業政策局では、財務省と協議、追加経済対策として日本銀行(日銀)に対し、企業の資金繰り支援の要請をする一方、日本政策投資銀行(政投銀)に対してもCPの買い取りなどを目的とした支援を要請する。

 経産省、財務省の幹部らが連れ立って日銀、政投銀を訪ねたのは昨年11月だった。 既にこの段階で、企業は悲鳴を上げ始めていた。当局にも危機感が高まっていた。

 ある大手自動車メーカーは政投銀からの融資を経産省に要請してきていた。その額は当初500億円程度としていたが、数日後には、
「1000億円は必要になるようだ。倍増をお願いしたい」
と声を上ずらせた。

コメント4件コメント/レビュー

> 極端に輸出に依存した経済構造になっていた日本の企業日本経済の輸出依存度は低いので(GDP比で7%程度)、輸出が売り上げの中心となっている企業に関する記事でしょうか?それにしては、政府の対応に焦点が当てられていて妙ですが。もし、日本経済が輸出に依存しているという幻想をお持ちでしたら、輸出中心の企業の声が大きいだけ、目立つだけという可能性を疑ってみては?(2009/02/07)

オススメ情報

「児玉博の「見えざる構図」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

> 極端に輸出に依存した経済構造になっていた日本の企業日本経済の輸出依存度は低いので(GDP比で7%程度)、輸出が売り上げの中心となっている企業に関する記事でしょうか?それにしては、政府の対応に焦点が当てられていて妙ですが。もし、日本経済が輸出に依存しているという幻想をお持ちでしたら、輸出中心の企業の声が大きいだけ、目立つだけという可能性を疑ってみては?(2009/02/07)

政府も日銀も、いったいどうなっているのでしょうか。3月末を控えて倒産が続出しても、自分たちの責任ではないと考えているのでしょうか。流動性が急激に失われているのに、直ぐゼロ金利にしないのは、日銀の財務体質の健全性を保つため?それで国家経済が崩壊したら、何のための金融政策なのでしょうか。現在の緊急時には財政政策では間に合わないので、直ちに市場に資金をジャブジャブに供給すべきだと思います。(2009/02/05)

財務省の官僚に、新自由主義経済、新古典派経済にかぶれ、小さな政府を目指したものがいたはず。まず、そいつらが責任を取れ。マスコミを巻き込んで、市場原理主義、小さな政府、官から民へなど、多くのプロパガンダで、国民をだまして、好き勝手な政策をとってきた。今さら、不況時にはケインズ政策をとりましょうといっても、国民が納得するはずがない。政治家も国民も、新自由主義、古典派の考え方が刷り込まれている。ケインズ経済学者を追放して、好き勝手やったツケだ。ケインズ政策が正しかったと、土下座して国民に謝るべきだ。(2009/02/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長