• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

骨肉の争いが形勢逆転、「筆跡」巡り割れた最高裁判決

老舗かばんメーカー「一澤帆布」を舞台に長男と三男が対決

2009年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント7件コメント/レビュー

長男が家督を継ぐというのは、武士の世界ですね。商人の世界では、長男(実子)がぼんくらな場合、優秀な人材を婿養子にして店を継ぐような傾向が江戸時代からありました。(2009/06/27)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「骨肉の争いが形勢逆転、「筆跡」巡り割れた最高裁判決」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

長男が家督を継ぐというのは、武士の世界ですね。商人の世界では、長男(実子)がぼんくらな場合、優秀な人材を婿養子にして店を継ぐような傾向が江戸時代からありました。(2009/06/27)

あれは品質やサービスを頑なに守ろうとするせいで、一部の顧客しか受入れられない店なのです。そんな「そこそこの商い」で何十年も続いているのです。守りたいのは、職人のプライドなのです。当たり前によいものを作ってマスコミに取り上げられて、こないようけ来てもろてもなあ、ありがたいけど、と困惑してはるのが本音なのでは? そういう商いがあってもええやないですか。 行列は報道に踊らされて店と長く付き合う気のないヒトが押し寄せるからかと。 あの鞄は、何年たっても実費だけで修理してくれるのですよ。赤字で。そこまで鞄と付き合えますか? 後継者云々は知らんけど、両方でええもんを作り続けてくれはったら一顧客として喜ばしいのです。(と、お店に伝わったらええねんケド。(2009/06/26)

製造業、それも手作りでの業を売りにしている会社なら、職人が付いていった方が「真」である。OEMで作られた一澤帆布になんの意味があろうか。それこそ形骸化したブランドでしかない。(2009/06/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長