• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第14回 じぶんのまわりに“保護林”をつくろう

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

[1/6ページ]

2009年7月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新人のなかには、
「かまわれすぎて、うっとうしい。少しほっといてくれないか」
とおもっている人もいるのではないだろうか?

仕事にしても、アフターファイブの飲み会などにしても、
先輩たちはとかく新人をかまいたがる。そのため、

「仕事の必要以外、ゼッタイ会社の人とはつきあいたくない」
とおもっている新人や、
「そうはいっても、あまりつっけんどんにしても角が立つし」
と困っている人もいると思う。
あるいは、
「この職場には友だちになれそうな人がいない」
とがっかりしている人もいるかもしれない。

職場の人づきあい、何をめざし、どうしていったらいいのだろう?

新人の一番ちかいルーツは大学にある。
なにしろ、ついこの間までいたところだ。

私は仕事で、全国のさまざまな大学にいくが、
どこへ行っても、教育関係者が一様に訴えるのが、

「いまの若者の関心の範囲の狭さ」だ。

大学の、ある教師のゼミで、
ひとりの学生が、こなくなった。

教師は、ゼミの仲間に「Aさんはどうしたの?」とたずねた。

わずか10人ほどのゼミだ。
顔を合わせてから、もう半年もたつ。
だれか近況を知っているだろうと。

ところがだれ一人、Aさんがどうしているのか、
どのへんに住んでいるのか、バイトはしているのか、などの
近況を知らない。

それだけではない。
だれ一人、Aさんの携帯の電話番号を知らない。

それだけではない。だれ一人、
Aさんの名字は知っていても、「下のなまえ」を知らなかった。

白か黒か。

若者の人づきあいの傾向として、
好きでいつもつるんでいる友だち・恋人か(=白)、
それ以外の、通行人と同じ、
まったく関心さえ払わない他人か(=黒)、
2つにガクンとわかれてしまう。

しかも白の範囲が狭い、
2、3人か、場合によっては1人の友だちまたは恋人とだけ、
いつも固く一緒にひっついて行動し、
それ以外は、会話さえしないという人もいる。

好きな人とだけ関わり、
それ以外の人には関心さえも向けない。
一見これほどラクなことはないように見える。

コメント2件コメント/レビュー

いつも豊かな着眼点に興味を覚えます。私も学生時代は知らない人と話をすることが下手で、就職時にお客様廻りをする仕事を選択することにより、自分を変えてしまおうと、現在の会社に入りました。その後、お客様の苦情やクレームを営業や事務部門、その他関係部署をコントロールしながら処理する仕事を、20年程経験したため、結果的に当初の目的を大きく上回るスキル(一部の同僚は“ハッタリ9割の男”等と呼びますが...)を身に付けたように思っています。でも一つはっきりいえることとして、お客様の発言は大変厳しいものがありますが、同時にそれは己を磨いてくれる大変ありがたい励ましのようであったと思います。よく珠玉などといいますが、本当の意味で輝く宝石は人の心にあるように思います。(2009/07/27)

オススメ情報

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも豊かな着眼点に興味を覚えます。私も学生時代は知らない人と話をすることが下手で、就職時にお客様廻りをする仕事を選択することにより、自分を変えてしまおうと、現在の会社に入りました。その後、お客様の苦情やクレームを営業や事務部門、その他関係部署をコントロールしながら処理する仕事を、20年程経験したため、結果的に当初の目的を大きく上回るスキル(一部の同僚は“ハッタリ9割の男”等と呼びますが...)を身に付けたように思っています。でも一つはっきりいえることとして、お客様の発言は大変厳しいものがありますが、同時にそれは己を磨いてくれる大変ありがたい励ましのようであったと思います。よく珠玉などといいますが、本当の意味で輝く宝石は人の心にあるように思います。(2009/07/27)

 最近の若者はコミュニケーションが苦手というわけでもなく、仲良しの人がいないわけでもないようです。一昔前までは会社=社会であり、会社の人間関係が社会と密接なつながりを持っていました。しかし、今ではネットも普及し、mixiなどで学生時代の旧友と濃密なコミュニケーションをとっている人もいれば、ボランティア団体に所属していたり、同じ趣味のサークルに所属している人もいます。これらはすべて会社とは無関係にあることが多いです。 関心が狭くなったんではなく、同じ広さなんですが違う場所に移ったと考えた方がいいと思います。昔も会社以外にコミュニティを持っていた人は少ないわけですから、会社のコミュニティから趣味や学生時代のコミュニティに変わったと思えば、そんなに悲観的になることもないかと。(2009/07/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO