• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

舞い上がらぬ花粉症商戦

  • 佐藤 央明

バックナンバー

[1/2ページ]

2011年2月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

飛散量が昨年の10倍とも言われる今年のスギ花粉。さぞ商戦も盛況かと思いきや、どうも事情が違う様子だ。メーカーや小売りは関連商品への期待をしぼませている。

 記録的猛暑の影響で、昨年の5倍とも10倍とも言われる今年の花粉飛散量。各社が火花を散らす花粉症商戦のはずが、新製品も少なく、今のところ動きは鈍い。「花粉症用商品は、リスクが大きい割に実入りが少ない」。それに気づいたメーカーが、市場を見限るケースも出始めている。

 花王は、2003年発売の掃除用スプレー「アレルクリン」の販売を2010年に終了した。アレルクリンは「花粉カット」などのラインアップを展開していたブランド。代替品として「クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー」に切り替えた。

 なぜ花王は手を引いたのか。「消費者は薬やマスクは手に取るが、部屋の中を掃除してまで花粉を除去したい、という発想にまでは至らなかった」(同社広報)と説明する。

 ただ、理由はそれだけではない。

 ハイシーズンは飛ぶように売れ、儲かるイメージのある花粉症用商品。しかしこれは、花粉が飛ばない時期には棚落ちすることの裏返し。そもそも花粉がほとんど飛ばない年もあり、そうなれば1年中売れないことになる。はなはだ不安定な花粉症向け商品に心血を注ぐよりも、通年で売れるブランドに切り替えるべき、との判断が出てきても不思議ではない。

 現行のクイックルのパッケージには、小さく「花粉」の文字はあるが、より目立つのは「ハウスダスト」の部分。季節性商品というイメージを払拭し、通年向けに切り替えた格好だ。「花粉用という、ニッチな商品に見えてしまうのを防ぎたかった」(花王広報)。

 「花粉外し」の動きは花王だけではない。ライオンは2004年に出した、衣類に噴霧して付着した花粉を落とすスプレー「花粉ガード」の販売を2008年に中止した。大量飛散した2005年には200万本以上売れた商品だったが、飛散量が減ればそれだけ売り上げも落ちる。同社は、静電気防止スプレー「エレガード」のパッケージに、小さく「花粉をブロック」というアイコンを載せて、花粉ガードからの代替利用を促している。「花粉に対してはエレガードでもかなり効果があり、補完できると判断した。タイミングよく飛散した2005年はラッキーだった」(ライオン広報)という。

コメント3件コメント/レビュー

空気清浄機は1機買えば10年は保つマスクはシーズンが終わる頃に翌年分を買いだめ杉花粉症は公害です杉の花粉が飛散する時期にしか症状が出ないのだから原因ははっきりしている排出者がわかっているのだから、原因者責任で費用を経済的損失を負担させるべきであるもういい加減、製薬会社を設けさせるために日本独自の杉花粉症の温存はやめてもらいたい(2011/02/21)

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

空気清浄機は1機買えば10年は保つマスクはシーズンが終わる頃に翌年分を買いだめ杉花粉症は公害です杉の花粉が飛散する時期にしか症状が出ないのだから原因ははっきりしている排出者がわかっているのだから、原因者責任で費用を経済的損失を負担させるべきであるもういい加減、製薬会社を設けさせるために日本独自の杉花粉症の温存はやめてもらいたい(2011/02/21)

少なくとも「スギ花粉症」は公害病ではないか?原因となっているスギ花粉の大半は「栽培」されているはスギによるものなのだから。(2011/02/18)

わが家には、マスクの在庫がたくさんあります。紙マスクは使い捨てだと思って買い込みましたが、実際には何日か使い続けています。厳密な衛生面ではアウトでしょうが、私は執刀医でも潔癖症でもないし… (迷亭寒月)(2011/02/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

正直言って自信がなかった。根性なしの自分がいた。

澤田 貴司 ファミリーマート社長