• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

東北の民間金融が消える

  • 伊藤 正倫,北爪 匡

バックナンバー

[1/3ページ]

2011年4月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

政府が矢継ぎ早の金融支援に動く一方、被災地の地域金融機関の存在感が霞んでいる。被災企業に対する過去の不良債権が重く、追加融資には慎重にならざるを得ない。公的資金投入で、被災地の金融界全体が一時的に政府管理下となる可能性さえある。

 「何とか復興資金にメドが立ちました」。東北地方のあるトヨタ自動車系ディーラー幹部は胸をなで下ろす。

 このディーラーでは、東日本大震災で複数の販売店が被災。店舗復旧や販売車両の仕入れに多額の資金が必要だったが、いち早く手を差し伸べたのは取引先の地方銀行ではなく、トヨタ本体だった。震災を受け、ディーラーに資金を無利子ないし低利で融資する仕組みを緊急整備したのだ。

 トヨタ系ディーラーは、トヨタと資本関係のない地場企業が大半。だが、トヨタにとって国内の新車販売を立て直すには販売網の再構築が急務。両者の利害が一致したことが、素早い融資実行につながった。

自らの立ち位置に苦悩する地銀

 震災から1カ月以上が過ぎ、被災地にもガソリンなど生活物資が行き渡るようになった。表向きは経済活動が正常化しつつある。にもかかわらず、それを支える地元の金融機関は非常事態モードから脱せず、復興に向けた明確な融資姿勢を打ち出せないでいる。

 「震災以降は融資基準をかなり甘くしているのだが…」。仙台市に本店を構える東北最大の地銀、七十七銀行の融資担当者は力なくつぶやく。

コメント2件コメント/レビュー

政府が矢継ぎ早に対策を打ち出しているって言うのは、どこの異世界の話ですか。実際は、1ヶ月以上経ってやっと法案がいくつか出てきた程度なのに。ここで語られている苦境の原因も、かなりの部分は政府の対策の遅れに起因しているのではないですか。(2011/04/28)

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

政府が矢継ぎ早に対策を打ち出しているって言うのは、どこの異世界の話ですか。実際は、1ヶ月以上経ってやっと法案がいくつか出てきた程度なのに。ここで語られている苦境の原因も、かなりの部分は政府の対策の遅れに起因しているのではないですか。(2011/04/28)

国民新党と連立政権を作ったせいで、ただでさえ郵貯の再国有化など金融社会主義の政策傾向が強かったところに、この震災で日本全体が金融社会主義にまっしぐらというのが現状だろう。 それを喜んで見ているのは、国民新党と天下り先が安泰な財務省官僚と最後には公的金融を踏み倒すつもりの中小企業主という構図だ。 政治屋は将来大量の不良債権の山になることは承知の上で人気取りに励んでいる。 これでますます日本は、経済効率が落ち、どんどん凋落が加速し、国家財政破綻へさらに近づいたことは確実だ。 とにかく日本の国民はXデーが来るまで事の重大さに気づかず、弱者救済の建前論に流されて判断しているのだろうが、破綻の日が来たらきたで、今度は自己反省もなく政府を批判するのだろう。(2011/04/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授