• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“塀の中”の労働力を生かせ

2012年12月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

不況のあおりを受け、“塀の中”での刑務作業が存続の危機にある。地場産業の衰退や、製造業のアジアシフトが原因だ。一方で、旧来の概念を打ち破る刑務作業品が飛ぶように売れているという。

 日本の刑事裁判の判決の多くは懲役刑だ。実刑判決を受けた刑事被告人はその後、収容先の刑務所で「刑務作業」という労働が科されることになる。

 この刑務作業は、ただ単に「懲らしめ」が目的ではない。様々な職業訓練を通じて、出所後の社会復帰の可能性を高め、再犯防止にもつながる。現在、受刑者の多くが無職者(2010年に新たに受刑者となった者のうち68.3%が無職)であり、「手に職をつけて」出所させることが、刑務所には求められているのだ。

 刑務作業の内容は刑務所によって個性がある。定番はたんすや食卓、応接セットなどの家具や革靴、簡単な加工品など。受刑者の技術指導に当たるのは刑務作業専門の職員だ。各刑務所は得意のジャンルを持ち、生み出された様々な製品は、全国の刑務所での販売会や、全国のイベントスペースの矯正展などで買い求めることができる。

 刑務作業品にかかる人件費は極めて少ない。だから、国内メーカーのブランド品と比べ、価格面では半分程度と割安で提供できる。品質や安全面でも決して見劣りしないため、好んで刑務作業品を買う消費者は少なくない。

 一方で、製品に最新の流行を取り入れたり、デザイン面で工夫したりといった部分では正直、いま一つのものが多い。また、犯罪者が製作したという「負のイメージ」がつきまとうため、若者の関心はあまり高くないのが実情だ。

刑務所にも押し寄せるデフレの波

 全国の刑務所で作られた製品の売り上げは、国庫に収められる。しかし歳入額はこのところ右肩下がり。2002年度から2011年度までの10年間では約81億円から約45億円と、半分近くまで減少している。

 その原因は、“塀の外”の不況が大きい。刑務作業の多くは、民間からの請け負いで成り立っている。刑務所近くの中小・零細企業が、仕事の一部を刑務所に発注しているのだ。

 しかし、長引く不況による企業の倒産や発注量の減少、さらに、より人件費の安い東南アジアへの発注のシフトなどによって、刑務所に仕事が入らなくなっているという。

 しかも、刑務所の主力製品である家具が近年、売れなくなっている。それはライフスタイルの変化によるところが大きい。作りつけ家具が備わる新築マンションが増え、たんすを婚礼家具として買うカップルも減っている。また、デフレで安価な家具が席巻し、低価格な刑務所ブランドのメリットが失われている。

コメント2件コメント/レビュー

この「マル獄」シリーズ、私は新宿駅西口地下のイベントスペースでの刑務所製品即売展で見ました、実にインパクトがあり、面白いものでした。元々私は、刑務所製品愛好家(笑)です。造りがしっかりしているところがお気に入りだったのですが、「マル獄」のように刑務所イメージを逆手に取った斬新なデザイン(笑)は今後、他の刑務所でも是非やってもらいたいです。少なくとも私は刑務所ブランドで自らを飾ること(笑)に躊躇しません(本気だぜ!)。(2012/12/14)

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「“塀の中”の労働力を生かせ」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

1974年、京都市生まれ。新聞記者、日経ビジネス記者、日経おとなのOFF副編集長などを歴任後、2018年に独立。「宗教と社会」をテーマに取材を続ける。正覚寺副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この「マル獄」シリーズ、私は新宿駅西口地下のイベントスペースでの刑務所製品即売展で見ました、実にインパクトがあり、面白いものでした。元々私は、刑務所製品愛好家(笑)です。造りがしっかりしているところがお気に入りだったのですが、「マル獄」のように刑務所イメージを逆手に取った斬新なデザイン(笑)は今後、他の刑務所でも是非やってもらいたいです。少なくとも私は刑務所ブランドで自らを飾ること(笑)に躊躇しません(本気だぜ!)。(2012/12/14)

昨今の経済環境下で日々、諸外国と戦っている企業人においては、毎日がもがき苦しむ鍛錬の日々である。この人たちはいったいどんな罪があったのでしょうか?一方、今回の受刑者が6万人を超えるという驚愕の数字を見て感じたことは、この人たちは、「刑が確定」したことで「自由を失う」替りに刑務所の規範の中で「職業を訓練」を受けられる、と受け取れました。自身の自由と引き換えに、「タダ」で住居、食事、職業訓練を受けることができる。世の中には「ワーキングプア」なる言葉もあるくらい、現在の日本は非常に「住み心地」のよくない場所になっている昨今、国費で「ヌクヌクと」住み込み形式の職業訓練ができる環境はともすれば、「シャバ」の生活よりも水準が高くなってはいないだろうか。伝えたいことはもっとありますが、とにかく今のままでは国民の理解が得られるわけがないでしょうね。(2012/12/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授