• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ネットを駆使して当選しました」25歳議員に聞く

参加型民主主義で行こう 最終回(全3回)

2015年5月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

インターネットで拡散してムーブメントを起こしたい

 薗部誠弥氏(維新の党・新人)は世田谷区議選に当選した25歳だ。彼もまたツイッターの使い手。それもそのはずツイッター・ジャパンの出身である。

薗部誠弥(世田谷区議 維新の党 当選1回)

 彼は学生時代から政治家になることを夢見て日本政策学校の1期生になった。そこでネット選挙解禁を想定して、地方選に出馬するためにどのようなキャリアを積むかを考えた。

 その結果、大学を卒業後、ネット専業広告代理店のセプテーニ、そしてツイッター・ジャパンと渡り歩いた。

「平成生まれが初めて立候補できるのが今回の統一地方選挙。若いけど民間企業でちゃんと修行を積んだ人間が政治の世界に挑むという構図を作り出したいと思ったのです。IT関連企業に勤めてきたのも、もちろん政治家になるためだけではなく、時代に合ったスキルを身に付けておきたいと思ったからです」

 ツイッターを駆使すると言っても、「今日はどこどこでビラ配りをする」といった“お知らせ”はフェイスブック中心で配信した。彼は「フェイスブック上に選対本部を設置している」という言い方をする。一方、ツイッターでは「ムーブメントを起したい」と言う。

 薗部氏の場合は、ホームページは簡易なものにし、政策の詳細を語るのはブログだ。そのブログへの導線としてもフェイスブックとツイッターは活用される。

「ツイッターには、やはり高校生や大学生も含めて、若い人たちからの反応があります。また、私は世田谷区の区議選に立候補しているわけですが、それこそ全国から激励の便りが届きます。数多くのリツイートもしていただけますし、反応も多い。確かに、それらは票には直結しません。ただ、私は政治をできるだけ身近なものにしたいと思っています。そうした意味では、自分のような人間が情報発信をすることも必要ではないかと考えているのです」

 では、ツイッターのリスクについてはどう考えているのであろうか。

「確かに罵詈雑言とか粘着質な批判などのリスクはあります。しかし、そこは自分がたとえツイッターをやっていなくても、自分の行動がネットで批判されてしまえば同じです。問題は自らの言動であるわけです。そこを律することができれば、ツイッターを怖がる必要はないと思っています」  その上で彼は、できればもっともっと直接やり取りをしていきたいと言う。具体的には、橋本徹大阪市長のような使い方だ。

「あんなふうにコミュニケーション・ツールとしてインタラクティブに使いこなせることが目標だと思っています。『頑張ってください』といった激励に留まらず、政策についての意見などもやり取りできればいいと思っています」

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「ネットを駆使して当選しました」25歳議員に聞く」の著者

金野 索一

金野 索一(こんの・さくいち)

財団法人日本政策学校・代表理事 / 多摩大学経営大学院・客員教授

コロンビア大学大学院国際公共政策大学院修士課程修了。平成維新の会・政策スタッフ、政策学校・一新塾、起業家養成学校アタッカーズ・ビジネススクールの経営、公益財団法人東京コミュニティ財団評議員等を経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問