• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国人は「手先が器用」と思う罠

そろそろやめよう、この手の思考方法

2006年7月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この話は十数年間、あちこちで書いたり言ったりしてきているのだが、まだ同じことを言う人がいるので、また書く。「中国人は手先が器用」なのか? という話である。

 日本企業の中国進出の話をしていると、しばしば「中国の人って手先が器用なんでしょう?」という反応に出合う。日本人の間ではこの話は半ば定説になっているようだ。コンサルタントを自認する人々の中にも「中国人は手先が器用」であると著書や講演などで明言する人は少なくない。

 どうもこの言い方に違和感がある。

ベトナム人も器用、米国人は不器用?

 私は昭和34年の生まれで、日本の高度成長末期に物心ついたが、よく大人から「日本人は手先が器用」だとの話を聞いた。タイに赴任している日系メーカーの人にインタビューしたら、「いやあタイの人は手先が器用でねえ」と言っていた。ベトナムに関心のある人は「ベトナム人は手先が器用で、日本人以上だ」などと自慢する。

 世界に手先が器用でない人はいないのかと訝(いぶか)っていたら、米国の日系製造業の人が「アメリカ人は手先が不器用で、箸にも棒にもかかりませんわ」と嘆いていた。

 素人の茶飲み話ならどうでもいいようなことだが、まともに海外事業に取り組んでいるビジネスパーソンまでが真面目な顔でこの種の話をしているのを見ると、いささか不安になってくる。手先の器用さは民族で決まるものなのだろうか?

オススメ情報

「世界鑑測 田中信彦「上海時報」」のバックナンバー

一覧

「中国人は「手先が器用」と思う罠」の著者

田中 信彦

田中 信彦(たなか・のぶひこ)

BHCCパートナー

90年代初頭から中国での人事マネジメント領域で働く。リクルート、大手カジュアルウェアチェーンの中国事業などに参画。上海と東京を拠点にコンサルタント、アドバイザーとして活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長