• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

公共投資が増えれば、ニンニク相場が上がる

綱渡りの8%成長~官需バブルの次に来るものは

  • 上場 大

バックナンバー

[1/4ページ]

2009年12月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「1~9月のGDP成長率は7.9%。これを要因分解すれば、政府部門が7%、民間部門が4%、海外部門(貿易収支)がマイナス約3%だ」と中国のある官庁エコノミストは解説してくれた。

 政府の財政支出がなければ「ほぼゼロ成長」というわけだ。11月の工業生産は前年比で19%も伸びた。前年同月の落ち込みが大きかったことにもよるが、これで、GDPは通年で8%成長という目標達成は確実になったようだ。

インフラ投資にけん引され爆発的に売れる自動車

 中国経済を見ると、官需の恩恵を受けた「光」の部分と、そうでない「影」とのコントラストが異様に大きいことに気がつく。

 まず、「光」の部分。典型的なのは自動車の販売台数だ。

 今年は1000万台を軽く超え、1300万台までいくだろうというのが大方の予測。とくに乗用車の売れ行きは爆発的と言える勢いだ。「納車まで2~3カ月待たされる場合もあります。早く車を手に入れたい人は、プレミアムまで払って買おうとします」と日系自動車メーカーの販売担当の幹部は言う。

 プレミアムは平均2万元(1元=約13円)に上るそうだ。価格政策上好ましくないとして、メーカー側は、ディーラーに対する指導を強化しているが、効き目はあまりないという。

 自動車販売は、排気量1600cc以下の乗用車に対する減税措置により、拡大に拍車がかかったといわれる。しかし、それだけではない。多くのインフラ投資が前倒しで実施されたためだともいわれる。

 冒頭の官庁エコノミストはこう言う。

 「地下鉄や高速道路の建設が猛烈な勢いで進んでいる。また200近い地方都市で地下鉄の建設が始まっている。交通インフラが整備されることにより、郊外の住宅建設に拍車がかかっている。その多くが政府による中所得者向けのアパートだ」

 「彼らは、交通インフラが完成したときの値上がりを見越して、郊外のアパートを争って購入している。しかし、公共輸送機関がそれに追いつかないので、どうしても車が必要になる。これが車の需要爆発につながっている」

 もちろん、以前、本コラムでも指摘したように、“贈答需要”もある。新居への入居祝いに車1台ということは相変わらず行われている。

富裕層の海外濫費

 富裕層の消費もすごい。典型的なのは、海外旅行での消費額だ。

 メガバンクの北京駐在員によれば、日本でのキャッシュカードに相当する銀聯(ぎんれん)カードは5年前から日本でも使えるようになった。

 初年度の使用金額はわずか7億円だった。しかし、今年は、これが450億円まで増えると見られる。来年は600億円に達するという。

コメント4件コメント/レビュー

飛ぶ鳥を落とす勢いの中国でさえ政府支出に経済成長が支えられているのだ。公共事業を削減してきた自民党。今まさに削減している民主党。そして金を出さない財務省・日銀。ひいては世論を操作してそれを正当化するマスコミ。日本の不況は彼らによって造られている。(2009/12/23)

オススメ情報

「中国羅針盤」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

飛ぶ鳥を落とす勢いの中国でさえ政府支出に経済成長が支えられているのだ。公共事業を削減してきた自民党。今まさに削減している民主党。そして金を出さない財務省・日銀。ひいては世論を操作してそれを正当化するマスコミ。日本の不況は彼らによって造られている。(2009/12/23)

そんなに中国を揶揄しなくてもいいと思いますが、日本も辿った(というか今でもそうかも、田舎は)道だから。それよりも、日本では公共投資に流れた金が直接だったり、銀座・六本木を経由地にしたりして、フランスを始めとする欧州に流れたっきりになってしまったように見えるので、銀聯カードによる消費など、しっかり日本に落として貰う様にしなければ。間違ってもシンガポールやアメリカにとられないように。(2009/12/21)

正しくこのお零れを頂戴している数少ない日本人なのですが、確かに公共予算の使い道は多岐に亘り、本当に財務当局が追跡できているのかと他人事ながら心配になります。但し、多くがポケットに入っているとの指摘がありますが、自分のポケットに入れた役人にはキチンとそれなりに厳しい制裁が待っています。基本的に公務員による高額の汚職は死刑が決まりですので、密告社会中国では、自分の命が惜しくない役人だけが私腹を肥やすのです。私?私は勿論命が惜しいのでそんな事には手を出していません。(2009/12/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長