• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

台湾投資家80人は日本で何を見たか

「中国視察は興奮させられる、日本視察は考えさせられる」

2011年11月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 去る10月30日から11月6日にかけて、台湾から約80人が参加する大型視察団が日本にやってきた。熱海で観光した11月3日、文化の日を除くと、滞在期間中、この視察団は大型観光バス2台を連ね、大阪、京都、東京、千葉にある10カ所の日本企業や団体を精力的に訪問して回った。さらに、夜は、有名な日本料理店での会食や東京湾での屋形船などを楽しみ、5つ星の超高級ホテルに宿泊するという盛りだくさんの滞在だった。

 「3.11」の東日本大震災後、福島の原発事故による風評被害の拡大、史上最高値を更新する円高などの影響を受け、海外からの観光客が急減する中、この気前のいい台湾人(うち、1人はシンガポールからの参加)の団体はなぜ日本を訪れることになったのか。

 実は、これは私の呼びかけで実現した訪日ツアーである。そして、この発端は東日本大震災にある。その経緯について、ここで少し説明させてもらいたい。

私が被災地を「代表」する理由

 台北に本社を構える「財金文化社」は、台湾で最も知名度の高い金融情報雑誌社で、論客としてよく知られる謝金河氏が会長をしている。株式投資などに関する数種類の雑誌を発行しているほか、「金融家倶楽部」という会員制の組織を運営している。

 この倶楽部は1991年に邱永漢氏によって創設されたもので、金融機関の関係者や企業の経営者、個人投資家などを主要なメンバーとして、経済や産業に関する最新動向を把握する目的で、定期的に講演会の開催や中国大陸などの企業視察を企画している。

 私が大和総研で勤務していた頃、年に数回のペースで台湾の機関投資家を対象に中国経済セミナーを開催してきた。数年前、そのセミナーに出席した「財金文化社」の関係者は、「今度、ぜひ弊社で講演していただけないか」と話を持ちかけてきた。以来、同社との付き合いが始まり、現在に至っている。

 謝会長の知名度の高さもあって、講演会の参加者は少ない時でも200人、多い時に800人を超えるという盛況ぶり。中国経済や中台関係について、歯に衣着せぬ激論を戦わせたせいか、謝会長とはすっかり意気投合してしまった。

 今年の6月、「財金文化社」の講演会に出席するため、台北に向かった。「3.11」後、初めての海外出張で万感の思いだった。講演会の冒頭では、東日本大震災における台湾の皆さんからの義援金が100億円を超えたことに対し、被災地の皆さんを代表し、深い感謝の意を申し上げた。そして、私がなぜ被災地の皆さんを代表する資格があるのかについて、こんなエピソードを披露した。

福島にいる姪から突然の電話

 私は1988年1月に日本の文部省(当時)の国費留学生として来日した。留学先は福島大学だった。1990年4月、同じく私の弟も福島大学に留学した。それからというもの、福島にはずいぶんと縁があり、今、そこには14歳になる私の姪が暮らしている。しかし、ある事情があって、姪とは10年近く一切連絡していなかった。そこに「3・11」が起きた。私は居ても立ってもいられない気持ちになった。

 そんな中、ある日、私の携帯が鳴った。福島の番号が表示されていた。慌てて出てみると「おじちゃん、○○子です」という女の子の声だった。一瞬頭が真っ白になり、近くの会議室に駆け込んで、「本当に○○子?」と何度も聞き返したほどだった。

 本当にうれしかった。後日、姪の近影も送られてきた。最後に会ったときにはまだ4歳だった姪が、いまはバスケットボールチームの主将を務める凛とした14歳の少女に成長している。10年という時間の空白を埋めるきっかけが東日本大震災であったというのは複雑な気持ちだが、私は改めて福島とのつながりの深さを実感したのだ。

コメント7件コメント/レビュー

私自身は台湾は一度旅行でたずねただけですが、今回の多額の義援金については本当に感動しました。今回のレポートで、多くの民間の人々が同じような思いで台湾への感謝を感じていて、また多くの台湾の人々が今も尚日本に関心をもって下さっていることが伝わってきました。緊急時の支援はもちろんですが、今後は筆者が行ったような中長期的な支援、ひいては日本経済の復興ないしはアピールが重要になってくると思います。自分は何が出来るかを改めて考えたいと思います。一方で、他の方と同様、何を考えたかも伺えたらと思います。また中国と比較するために、具体的にどのようなサービスを提供している企業を紹介したのかも書いていただけると、参考になるかと思います。(2011/11/22)

オススメ情報

「肖敏捷の中国観~複眼で斬る最新ニュース」のバックナンバー

一覧

「台湾投資家80人は日本で何を見たか」の著者

肖 敏捷

肖 敏捷(しょう・びんしょう)

エコノミスト

フリーのエコノミストとして原稿執筆や講演会などの活動をしている。テレビ東京の「モーニング・サテライト」のコメンテーターを担当中。2010年の日経ヴェリタス人気エコノミスト・ランキング5位。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私自身は台湾は一度旅行でたずねただけですが、今回の多額の義援金については本当に感動しました。今回のレポートで、多くの民間の人々が同じような思いで台湾への感謝を感じていて、また多くの台湾の人々が今も尚日本に関心をもって下さっていることが伝わってきました。緊急時の支援はもちろんですが、今後は筆者が行ったような中長期的な支援、ひいては日本経済の復興ないしはアピールが重要になってくると思います。自分は何が出来るかを改めて考えたいと思います。一方で、他の方と同様、何を考えたかも伺えたらと思います。また中国と比較するために、具体的にどのようなサービスを提供している企業を紹介したのかも書いていただけると、参考になるかと思います。(2011/11/22)

被災現場に飛び込んで活動する人も尊いけれど、著者のように自らの持ち場で息長く被災者のために何かしようとする人も尊いと思う。巨額の損失隠しを黙認する社会、というような日本のイメージが対外的に広まりつつある中で、中国での不動産投資に興奮を覚える冷徹な台湾のビジネス界の人たちに、マスコミではなかなか伝わらない日本の姿を見てもらえたのはよかったと思う。「日本を訪ねて考えさせられた」というのは、良悪の両面がありとても一言では表せない複雑な心境ではないかと想像する。むしろ日本の読者にその点について自分で考えることを迫る記事だと思う。これを読む価値がないと言う人は、しょせん何を読んでも感動を覚えない人ではないか。(2011/11/21)

台湾投資家が何に考えさせられたのかよくわからない記事。著者が被災地と関わりがあるとの理由も弱い。(2011/11/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長