日経ビジネス読み解きヒント

ガソリンスタンドが減っていく

工場は火災、油田で損失、石油会社の危うさ

  • 酒井耕一(日経ビジネスBasic編集長)

バックナンバー

2017年6月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真=Sutthipong Kongtrakool/Getty Images)

 出光興産やコスモ石油、東燃ゼネラル石油。石油会社の社名には詳しくなくても、ガソリンスタンドを知らない人は少ないと思います。クルマ、暖房など石油は生活に欠かせないものです。

 それだけに石油会社の責任は重大ですが、本特集の記事を読むと、不安が大きく増しそうです。

 例えば全国のガソリンスタンドの数は約3万超。10年前より1万件以上減ってします。クルマ離れもあるのでしょうが、特集記事では石油会社によるガソリンスタンドへの“経営介入”が描かれています。流通経路や利益について口を出し、それが嫌でスタンドを売却してしまう経営者もいます。

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「日経ビジネス読み解きヒント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ