20代からのお金設計術

持ち家と借家はどちらが有利か

第17回 少子高齢化時代の不動産投資

  • 塚崎公義(久留米大学商学部教授)

バックナンバー

2016年12月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

自宅を持つことの最大のメリットは、家賃を払わなくていいことでしょう。1年間の家賃の合計金額と自宅購入金額を比べると、物件にもよりますが、家賃が数%となっている場合が多いようです。20年か30年住めば、家賃で家が買えてしまうわけです。

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「20代からのお金設計術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ