飯田泰之の「キーワードから学ぶエコノミクス」

インフレ政策の基礎にある「例の曲線」

今回のキーワード(発展編):フィリップスカーブ

  • 飯田 泰之

バックナンバー

2017年3月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

安定的な経済のためにインフレが必要だ――この根拠として最も古典的な経験則が「フィリップスカーブ」です。元々は20世紀前半の英国の、ある意味地味な実証研究から始まった考察です。

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「飯田泰之の「キーワードから学ぶエコノミクス」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ