企業

テクノスコープ

上空700kmから魚群を予測

人工衛星による漁業支援[JAXA、漁業情報サービスセンター、オプティム、NTTドコモ]

2017年7月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人工衛星やドローンなど「上空」からの観測データが、漁業に革命を起こしつつある。地上からのマイクロ波を分析し、海水温の分布を把握。漁場探しや養殖に役立てる。「勘と経験」ではなく「データ」の活用が、後継者不足に悩む漁業の復活につながる。

人工衛星の情報で 漁場探しが効率的に
●人工衛星を使った漁場データ提供の仕組み
(写真=人工衛星:JAXA)

 「送られてきた衛星データを見ると、親潮と黒潮がぶつかる地点が北に移動している」──。

 春から夏にかけて日本近海を北上するカツオ。気候変動などの影響で今年は不漁が続くが、少しでも多くのカツオを日本の食卓へ運ぼうと、船上の漁師たちがパソコンのモニター画面を見つめている。視線の先にあるのは日本近海の海水温を示した地図だ。海水の表面温度を0.5度で区切り、地図を青や緑、黄色で細かく色分けしている。

日経ビジネス2017年7月10日号 68~70ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「テクノスコープ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ