企業

テクノスコープ

1時間「燃えない」木の柱

火に強い木造建築[鹿島、住友林業、清水建設、日本集成材工業協同組合]

2016年11月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

火事でも構造部分が焼け落ちないよう、複数の層で熱を食い止める。鉄筋コンクリート造や鉄骨造の多かった商業地域でも、木のぬくもりを実現できる。木造建築市場が活性化すれば、余っている国産木材の有効活用にもつながる。

日経ビジネス2016年11月28日号 70~72ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「テクノスコープ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ