企業

テクノスコープ

パンクを過去の遺物に

空気レスタイヤ[ブリヂストン 住友ゴム工業 東洋ゴム工業]

2017年12月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

空気を入れる必要のない「空気レスタイヤ」の開発が熱を帯びている。樹脂製のスポークで車両の重さを支え、地面の凹凸から受ける衝撃も吸収する。来るべき自動運転・EV社会に向け、足元のタイヤも姿を変えようとしている。

 今秋の東京モーターショー。EV(電気自動車)など最先端の自動車を披露する展示会にあって、“自転車”が注目を集める一角があった。群がる来場者の視線の先にはタイヤ。ただしそのタイヤは見慣れた「丸くて黒いゴムのかたまり」ではなく、真っ赤な色をした樹脂が、ホイールから放射状に伸びている。ブリヂストンが開発した空気レスタイヤ「エアフリーコンセプト」だ。

空気はバネのような役割を果たす
●空気入りタイヤの断面イメージ図

 見た目は奇抜だが、試乗した人は口々に「至って普通だね」とつぶやいた。だがそんな淡白な感想も、開発担当者にとっては何よりのほめ言葉になる。空気を使わないタイヤを実用化できれば、タイヤ史に刻まれる大きな転換点になるからだ。

日経ビジネス2017年12月18日号 78~80ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「テクノスコープ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ