連載

二人のカリスマ

第1章 焼け跡(1)/江上 剛 著・木村桂子 画

2018年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第2次大戦に敗れ、焼け野原と化した日本。苦しみから立ち上がり、豊かになっていく庶民の生活を支えたのが小売業だ。戦後、時代の変遷とともに、業界では、売り場の大型化、多様化、全国展開、さらに新業態の誕生など、凄まじい競争が巻き起こる。“流通革命”と称されるほど激変する業界をけん引し、熱い闘いを繰り広げた男たちのストーリーが、今、幕を開ける。

1

 俊雄は東京駅に降り立った。

 兵隊服は汚れ、汗ばんでいる。鼻を近づけると、饐えた臭いがたちどころに鼻孔を刺す。

日経ビジネス2018年4月2日号 82~85ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「二人のカリスマ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ