連載

二人のカリスマ

第2章 商人になる(2)/江上 剛 著・木村桂子 画

2018年5月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 米軍による大空襲は下町を中心に、東京の町を炎に包んだ。出征中の藤田俊雄の異父兄、貞夫が苦労の末に開いた洋品店にも火の手が迫り、母とみゑや貞夫は従業員とともに店を後にする。

 最初の夫に先立たれ、2人目の夫との間には幸せな生活を築けなかったとみゑ。商売に励んでも災難が襲う人生を振り返りながら、とみゑは空襲の中を必死に逃げるのだった。

「旧の日光街道に出たみたいだな。白鬚橋の方じゃない」

 貞夫が困惑している。道を間違えたようだ。炎を避けながら歩いているから、仕方がない。

「貞夫、このまま千住の方へ行きましょう」

日経ビジネス2018年5月7日号 52~55ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「二人のカリスマ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ