連載

二人のカリスマ

第3章 商人修業(2)/江上 剛 著・木村桂子 画

2018年6月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 日本の流通業界に名をはせる経営者となる藤田俊雄は、母とみゑが小さな食料品店を切り盛りする姿を見て育った。昭和19年、鉱山会社に勤めていた俊雄は徴兵され、目の前で仲間や罪のない人が命を失っていくという体験を重ねる。敗戦後、生き残った人間としていかに生きるべきかを考えた俊雄は、独立独歩で生きる商人になろうと決意。異父兄貞夫が営む「洋秀堂」で働き始めた。

「母さんが声をかけてくれた、あの時はなんだか嬉しかったな」

 相馬愛蔵の『一商人として』に触発され、秋田の財閥系鉱山会社を退職し、商人になる決心をした。そして矢も楯もたまらず東京行きの列車に飛び乗った。体は芯から疲れ切っていたが、とみゑの言葉で、旅の疲れが一気に吹っ飛んだ気がしたことをよく覚えている。

 思わず笑みがこぼれた、その時だ。急にペダルを踏んでいた足の力が抜けた。

日経ビジネス2018年6月4日号 52~55ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「二人のカリスマ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ