連載

トヨタ生産方式を作った男たち[第47回]

NUMMIに入魂

第三部 ネクストジェネレーション編 ~アメリカを追い越せ

2017年4月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

生産調査部ができて、社内の生産現場、協力工場へトヨタ生産方式が浸透していく。アメリカへの進出が決まった頃はすでに生産現場だけではなく、社内のさまざまな部門でも同方式の考え方を生かしたムダの追放が行われるようになった。事務の合理化にも考え方が発揮されたし、昼食時に社員食堂にできる行列をいかにコントロールするかといった点までも効率化をめざす態度が自然に生まれた。

日経ビジネス2017年4月10日号 54~57ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「トヨタ生産方式を作ったふたりの男」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ