連載

トヨタ生産方式を作った男たち[第34回]

カローラ発売

第三部 ネクストジェネレーション編 ~アメリカを追い越せ

2016年12月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

1966年、トヨタは大衆車のベストセラー、カローラを発売した。開発主査は長谷川龍雄。元飛行機のエンジニアで後にトヨタの専務になる。カローラは世界140カ国で3000万台以上を売り、日本のモータリゼーションのシンボルとなった車だ。

日経ビジネス2016年12月26日・2017年1月2日号 72~74ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「トヨタ生産方式を作ったふたりの男」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ