連載

経営教室「反骨のリーダー」 シリーズ1

瀬戸欣哉社長(LIXILグループ)のDo The Right Thing

【No3】Lecture 改革は「強さの再定義」から始まる

2018年6月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

LIXILグループ瀬戸欣哉社長の経営教室「反骨のリーダー」。今回は事業の改革がテーマ。停滞に直面した事業をどう活性化させ、短期的な利益を求める投資家とはどう向き合うべきか。社長就任後の2年間で実施してきた取り組みを事例に、「瀬戸流」の改革セオリーを解説する。

=本文敬称略

国内サッシ事業をテコ入れするため、「LIXIL」ブランドに統一する従来の方針を転換し、旧トステムが使用してきた「TOSTEM(トステム)」ブランドを復活させた(写真=北山 宏一)

停滞に直面した事業を再び活性化させるには、何をしたらよいでしょうか。

日経ビジネス6月4日号 46~49ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「経営教室「反骨のリーダー」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ