連載

経営教室「反骨のリーダー」 シリーズ4

大倉忠司社長(鳥貴族)の「うぬぼれ」てなんぼ

【No.4 最終回】Lecture 「王道経営」が幸福を広める

2018年9月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

鳥貴族・大倉忠司社長の経営教室「反骨のリーダー」。今回は、大倉流「王道経営」の本質に迫る。ステークホルダー全員を幸せにすることを目指し、「たかが焼鳥屋が世の中を変える」と宣言。永続的な成長を実現するために大倉社長が貫く、「うぬぼれ経営」の神髄を語る。

大倉忠司[おおくら・ただし]

(写真=的野 弘路)
1960年2月大阪で町工場を営む両親の下に生まれる。高校生時代のビアガーデンのアルバイトがきっかけで、飲食店経営を目指す。79年に調理師専門学校を卒業し、イタリアンレストランに就職。82年に地元の焼鳥店に転職。85年に25歳で独立し、鳥貴族を創業する。86年に鳥貴族の前身のイターナルサービス(永遠の奉仕)を設立。2003年に大阪・道頓堀に出店し人気に火がつく。16年に東証1部に上場し、国内2000店舗を目標に掲げ快進撃を続ける。

日経ビジネス2018年9月17日号 72~75ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「経営教室「反骨のリーダー」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ