連載

介護敗戦記~母の介護は果てなき後退戦だった

「認知症? なんともないわよ!」

連載|第2回 誰より本人が認めない

2017年7月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(イラスト=モリナガ・ヨウ)

 人生を存分に楽しんできたはずの母に、認知症の疑いが生まれた。さんざん目をそらしてきたが、病院で診断を受けさせなくては。が、ここで問題になったのは、母本人が病院に行きたがらないということだった。

 母は「私はなんともない」といい、徹底抗戦した。母は理性的ではあるが、それ以上に感情の人でもある。もとより知っていたが、認知症に関しての抵抗はことのほかすさまじかった。気持ちは分かる。私だって、自分の場合、するりと事実を認められるか自信がない。

 母は自尊心を守るために周囲に刃を向ける。向いた先には、独身で同居して介護に当たる肉親、すなわち私がいた。介護される側とする側の確執は、割と一般的なものらしい。たまに見舞いにやってくる親族に、介護担当の者の悪口を言うこともあるとか。

日経ビジネス2017年7月17日号 84ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「介護敗戦記~母の介護は果てなき後退戦だった」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ