PROLOGUE

ニュースを突く

拉致問題を左右する「劇場型外交」

2018年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

外交
安藤 毅
あんどう・たけし
本誌編集委員。日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て現職。

 6月12日の米朝首脳会談に向け関係国が「劇場型外交」を繰り広げている。日本は米国との連携を軸に外交戦に臨んでいるが、様々な政治決断を迫られる場面が近づいている。

 北朝鮮の拘束から解放された米国人3人を乗せた飛行機にメラニア夫人を伴ってトランプ米大統領が乗り込む。3人と握手を交わし、笑顔とともに一緒にタラップを降りてくる──。

日経ビジネス2018年5月21日号 8ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「ニュースを突く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ